大学紹介

学部・コース

入試情報

キャンパスライフ

進路支援

社会連携・研究

社会連携・研究

学部・コース

国際コース

International Studies Course

国際コース

International Studies Course

国際コースの目的

多文化共生社会の創造へ向けて、
地域と世界を結ぶ

困難な時代だからこそ、まずは隣国の立場にじっくりと寄り添いながら、自分たちを見つめ直してみよう。国際コースでは、世界の政治・経済・文化・国際協力・環境問題・国際移民・観光現象など、国際社会の理解に欠かせないテーマを学びます。世界経済の活力源であり世界的にも注目が集まるアジアを主とし、国際社会の中心的位置を占める欧米社会も考察します。さぁ、あなたはどの国・地域に関心がありますか?

INFORMATION

国際コース最新情報

MORE

国際コースの特徴

CHARACTERISTICS

  • 実体験重視型のプログラムを実施

    海外フィールドワーク(韓国、台湾、ハワイ、フィリピン、イタリア、マレーシア)や地域体験学習を数多く実施しています。国内外の様々な現場で「本物」と出会い、問いを立て考える力を身につけます。2017年度から地域の方々と多文化共生を考える「国際コースと地域連携シリーズ」を始めました。

  • 国際社会の理解に欠かせない幅広い専門知識の習得

    グローバル化時代における国際関係の変容や地域統合の展開、国際機関の位置付け、宗教の持つ役割などを学びながら、現代の国際社会への理解を深めます。その上で、貧困、温暖化、難民問題等の解決策について模索します。2018年・19年度の国際コースの最優秀卒業論文のタイトルは次のとおりです。「無印良品の中国市場戦略〜ソーシャルメディアを用いた広報活動を中心に〜」「富岡製糸場の世界遺産登録と観光実態」。

国際コースの学び

Course features

専門科目

グローバル化する地域や世界を生きるための「国際理解力」「協働・共生する力」「フィールドワークする力」を身につけます。世界各国・地域の政治、経済、社会、文化、宗教に関する授業に加え、海外フィールドワークなど実体験重視型の授業を開講しています。地域と世界についての知識と体験を深め、将来、国内外の様々な企業・地域・教育現場で活躍できる力を養います。

国際コースの専門科目

カリキュラム

本コースでは、1年次より、全員参加型のディベート大会を開催し、論理的思考力、発言力・議論する力を養います。2019年度のディベートテーマは「戦争責任」「夫婦の別姓・同姓」「地球温暖化」「移民受入政策」「原発再稼働」「観光立国」「選挙権年齢」でした。1年次に抱いた興味関心事は、2年次の様々な専門科目と体験型授業で深く追求します。3・4年次にはそれぞれの調査・研究に基づいて、卒業論文を執筆します。

国際コースのカリキュラム
国際コースの教員紹介はこちら

他のコース

OTHER COURSES

次世代のリーダーを育てる
新たなプログラム

共愛の学びを深く知るコンテンツ