さまざまな分野の専門家がリレー形式で講師を務める心理・人間文化コースの授業「人間を考える」。
2020年最後となる12月17日の授業では、栃木県那須塩原市にあるアジア農村指導者養成専門学校「学校法人 アジア学院」校長の荒井朋子先生をお招きして「共に生きる」というテーマで講義をしていただきました。

講義の内容は、アジア学院が創立以来大切にしている「真の対話」について。学校の創設者で名誉学院長の高見敏弘牧師の言葉や体験談などを通じて、「生きた対話」や「人間らしさ」の重要性などを教えていただきました。
途中、学生自身にも「真の対話とはなにか」を考えさせるペアワークがあり、それぞれにとって実りある時間となったことでしょう。

貴重なお話をしていただいた荒井朋子先生、どうもありがとうございました!