12月1日は、太陽誘電株式会社と共愛学園前橋国際大学、そして前橋市が手を取り合って展開していく「回生電動アシスト自転車プロジェクト」のキックオフミーティングが行われました。

前橋市ではまちづくり事業の一環として、新たな公共交通手段となる「シェアサイクルプロジェクト」が始まろうとしています。同プロジェクトには、走りながら充電ができるGPS機能付きの自転車「回生機能付き電動アシスト自転車」が展開されます。
そしてこの度、地域人材育成に取り組む本学の教育活動においても、この電動自転車を活用した学び「回生電動アシスト自転車プロジェクト」が展開されることが決定しました。

この日のキックオフミーティングでは、自転車の開発を手がけた太陽誘電株式会社の皆様にお越しいただきました。まずは梅澤取締役常務執行役員をはじめ開発に携わった社員の方々による自転車の機能説明があり、続いて学生たちが自転車を活用した地域の課題解決学修についてプレゼン。最後に自転車6台の引き渡しセレモニーが行われました。

<学生によるプロジェクト案>
◆キャンパスから地域へスマートに漕ぎ出す~回生電動アシスト自転車を活用した新たな地域学習~(鈴木ゼミ)
◆絹ラボ~富岡市における個人的愛着調査への電動自転車活用~(岡井ゼミ)
◆電動自転車のプロモーションを検討するビジネス学修(村山ゼミ)
◆SDGs×電動自転車(大森ゼミ)

前橋市の新しいめぶきでもあるシェアサイクルプロジェクトの一環に位置づく本学のプロジェクト。この素晴らしい技術を搭載した自転車の価値向上と、前橋のさらなる飛躍につながる報告ができるよう、これから学生たちは取り組みを進めてまいります。

素晴らしい自転車を提供してくださった太陽誘電株式会社の皆様、ありがとうございました!