トップページ  » 大学での学び » 児童教育コース  » 後藤 さゆり(ゴトウ サユリ) (Goto Sayuri)
児童教育コース

後藤 さゆり(ゴトウ サユリ) (Goto Sayuri)

子どもの生活世界から教育を考えてみませんか、
子どもと共に成長することができる教師になるために。

■副学長・教授

主な経歴
元公立中学校教諭
埼玉大学大学院学校教育学研究科修了
東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科修了
埼玉大学非常勤講師
東京学芸大学非常勤講師

■学位
博士(教育学)

専門分野・研究テーマ

住環境教育、家庭科教育、教育人間学
こどもと環境の関係性に関する教育人間学的研究
「親になること」の今日的意義の再検討と青年期のための次世代教育プログラムの開発(平成21~24年度科研費補助金研究課題 研究代表)

担当科目
初等家庭概説・初等家庭科教育法・子どもの生活と学び・地域と子ども・子どもと家族・基礎演習ⅠⅡ・課題演習ⅠⅡ・教職実践演習・卒業研究・教育実習事前事後指導・学校フィールド学習

主要著書・論文

「第3章 知と生活が絡み合う学校空間(スコレー)」『教職概論(新・教職課程シリーズ)』所収 一藝社 2014年

「『親になること』をめぐる自己と他者の関係性」横浜国立大学教育学会研究論集第1号所収 2014年

『「大人になること」のレッスン-「親になること」と「共生」-(共愛学園前橋国際大学ブックレットⅤ)』(共著) 上毛新聞社 2013年

「第5章〈大人になること〉の難しさ」『子ども・若者の自己形成空間-臨床教育人間学のまなざし-』所収 東信堂 2011年

「第6章 家庭生活における道徳教育」『道徳教育論(教職シリーズ4)』所収 培風館 2011年

『みつわちょうにいきたいな』(まちづくり絵本) 三和町を語り継ぐ会 2011年

「『住む』ことを」学ぶ『臨床教育人間学2 リフレクション』所収 東信堂 2007年

『現代家庭科教育法-個人・家族・地域社会のウェルビーングをめざして-』(共訳)大修館書店 2005年

“ボルノウ教育学に基づく住環境教育に関する研究-人間と環境の創造的関係のための理論構築と実践への展開-” 東京学芸大学連合学校教育学研究科博士論文(2004)

社会活動

所属学会

●日本教育学会
●日本家政学会
●日本家庭科教育学会
●日本環境教育学会
●日本建築学会
●教育思想史学会
●臨床教育人間学会
●こども環境学会
●日本教材学会

主な講座講師等

●埼玉県蕨市子ども・子育て会議 会長(2013年~)

○平成25年度第2回 大学図書館研究会・群馬県図書館協会専門研修「ラーニングコモンズの利用事例」講師 2014年3月)

○2013年度免許状更新講習「『住むこと』を見つめる」講師 共愛学園前橋国際大学 2013年)

○杉並区社会教育センター 家庭教育講座 『オトナの問題』―もっと魅力的な親になりたい」(全5回)講師 (2011年)

○講演:「大人になること 親になること」共愛学園前橋国際大学公開講座(2009年)

(注)科目内容やゼミ内容は年度によって変更されます。ご了承ください。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp