トップページ  » 大学案内  » 理念・目的

理念・目的

アドミッションポリシーカリキュラムポリシーディプロマポリシー

アドミッションポリシー

1888年(明治21年)に設立された共愛学園は、百二十余年にわたり共愛の精神をその教育の柱に据えてきました。本学は、共愛の精神とはすなわち、今日的に換言すれば共生の精神であると捉え、「共愛=共生の精神」を建学の理念としています。

また、本学に設置される国際社会学部は、「国際社会の在り方について見識と洞察力を持ち、国際化に伴う地域社会の諸課題に対処することのできる人材の養成」を目的としています。

この理念と目的をふまえ、本学では次のような素養をもつ人物の入学を期待しています。

1.自分と他者を愛し、社会と共に生きていこうとする精神をもっている人
2.常に世界に視野を広げながら、地域社会を大切にする思いをもっている人
3.自ら主体的に学ぶ意欲があり、他者と協力して学習・活動に参画できる人
4.大学での学びに必要な能力―基礎的な学力、コミュニケーション力、思考力、文章力、問題発見力など―をもっている人
5.スポーツや芸術、社会活動に積極的に取り組んでいる人
6.本学と志望するコースの教育内容をよく理解したうえで、本学と志望コースでの学修を強く望んでいる人

カリキュラムポリシー

本学では、「共愛=共生の精神」という教育の理念と目的に基づき、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に掲げた諸能力を修得した人材を育成します。そのために、次の5つを教育の基本方針に据えます。

1. キリスト教に基づく全人教育
2. 国際性豊かな人材養成 
3. 学究的精神並びに態度の涵養
4. 知恵ある人の育成
5. 実社会との主体的な交流・体験の機会提供 core

この基本方針を踏まえ、共愛コア科目・外国語科目・専門科目・演習(ゼミナール)科目などの科目群により教育課程を体系的に編成します。専門科目はコース毎に決められており、学術的専門領域に合わせて深く学びます。所属していないコースの専門科目でも、自分の関心に合わせて履修することができます。このようなカリキュラムの構造をわかりやすく示すためにナンバリングを行い、科目間の関連や科目内容の難易度をわかりやすく示します。

また、コースのカリキュラムを基礎(主専攻)として、現実社会と結びついた資質能力を高める2つの副専攻と1つの高度教育プログラムを編成します。

 

Global Career Training副専攻:地域と世界をつなぐリーダーシップを身につけるために、Global Language Intensive・Global Skills・Global Project Workからなる科目群でカリキュラムを編成します。

Regional Career Training 副専攻:地域産業と密接に関わり、社会的職業的自立を図り、地域で活躍するために必要な力を身につけるために、地域力・自分力・実践力に関する科目群でカリキュラムを編成します。

Kyoai Glocal Honors:世界の視点から地域の未来を創ることができる次世代グローカルリーダーを育成するために、Honors Base・Glocal Honors演習の科目群によりカリキュラムを編成します。ただし、このプログラムには受講条件があります。

教育内容、教育方法、評価について以下のように定めます。

【教育内容】1年次には「チャペルアワー」と「キリスト教概論」を履修します。1年次には、大学生としての学び方を理解し、学びに必要なスキルを修得するための「基礎演習」と、大学や企業で必要となる情報技術の基礎を学ぶ「情報演習・基礎」を履修します。「共愛コア科目」は、全学生が履修する科目群で、カリキュラムの中心をなすものです。共愛コア科目は、人間理解・人権と共生・地域理解・国際理解・社会への視点・自然の理解・グローバルスキルの科目群があり、各群から偏りなく履修します。その中でも、特に地域社会との関係について学ぶ地域志向科目は1科目以上の履修が必要です。外国語科目は、卒業に必要な第一外国語として、英語と中国語のどちらかを選択します。キャリア教育は1年次から3年次にかけてキャリアプランニングⅠ~Ⅳを履修します。また、目的に合わせて内容や参加期間が多様なインターンシップを提供します。国際社会とのかかわりを学ぶための海外留学プログラムを提供します。語学力向上に特化した留学だけでなく、国際理解を深めるための交流・体験型プログラムや、現地でPBLに取り組んだり、英語のティーチングスキルを向上させたりするプログラムがあります。地域の自治体・企業と連携してPBLやサービスラーニングに取り組む実践プログラムを豊富に提供します。4年次には、これまでの学びの集大成として卒業研究に取り組みます。

【教育方法】全専任教員がアクティブ・ラーニングを入れた授業を行います。少人数教育を基本とすることでアクティブ・ラーニングの効果向上を図り、英語科目、情報・経済系入門科目では習熟度別クラス編成を行います。国際社会に関する識見と地域の課題への対処力を育成するため、国内外の多様なフィールドにおける学び、課題解決型学修を含む実践的プログラムを組織します。自己の課題や目標を発見・設定し、自律的に学びを進める力を育成するため、eポートフォリオを活用した日常的な学修記録の蓄積と、学修成果の振り返りおよび自己評価を定期的に実施するリフレクションの制度を運用します。協働による学びや問題解決の能力を育成するため、語学やライティング等の学生チューター制度の運営、ラーニング・コモンズ等の学びの環境整備に取り組みます。授業アンケートを行い、結果を速やかにフィードバックすることで、授業の事後評価だけでなく、期中の形成的評価(中間評価)と改善を行います。

 

【教育成果(育成すべき能力)】本学のディプロマ・ポリシーに基づき、学修を通じて育成する力として「共愛12の力」を設定しています。「共愛12の力」は以下のように4つの軸ごとに分類されています。

Ⅰ識見

共生のための知識:多様な存在が共生し続けることができる社会を築いていくために必要な知識

共生のための態度:多様な存在が共生し続けることを尊重する考えや行動

グローカル・マインド:地域社会と国際社会の関わりを捉え、両者をつなぐことで、地域社会の発展に貢献する姿勢

Ⅱ自律する力

自己を理解する力:自己の特徴、強みや弱み、成長を正確に理解する力

自己を制御する力:ストレスや感情の揺れ動きに対処しながら、学びや課題に持続して取り組む力

主体性:人からの指示を待つのでなく、自らやるべきことを見つけ、行動する力

Ⅲコミュニケーション力

伝え合う力:コミュニケーションにおいて、相手の意図を正しく理解し、自分の意図を効果的に伝達する力

協働する力:他のメンバーと協調しながら集団として目標に向けて行動する力

関係を構築する力:様々な他者と円滑な関係を築く力

Ⅳ問題に対応する力

分析し、思考する力:様々な情報を収集、分析し、論理的に思考して課題を発見する力

構想し、実行する力:課題に対応するための計画を立て、実行する力 

実践的スキル:現代社会において必要な基本的スキルと自らの強みとなる実践的スキル

 

【評価】本学では、ディプロマ・ポリシーおよび育成すべき人材像に基づき、学生の学修状況について以下のとおり評価します。

◆各科目のシラバスに定めた能力を評価した成績 

シラバスには各科目で伸長が期待される能力(共愛12の力)を明示し、成績が示す具体的な学修成果を明確化します。また、最高評価の割合を制限するなど、厳格な成績評価を実施します。

◆エビデンスに基づく自己評価/担当教員との面談による相互評価

全学生が、eポートフォリオ上の自らの学修記録をエビデンス(=証拠)とした自己評価を毎年行います。また、自己評価を担当教員と共有し、面談による相互評価を行うことで、各学生が成長と課題を的確に把握し、自ら設定した目標に向かって自律して学びを進める力の育成につなげます。

◆客観的・多面的評価

単位取得状況やGPAのほか、資格試験、外部テストの結果を活用し、学修成果を客観的かつ多面的に評価します。

ディプロマポリシー

本学は、学則に定める在学期間を満たし、かつ共愛コア科目・外国語科目・専門科目・演習科目・個性的選択科目などからなる所定の124単位を修得した学生に対し、下記に掲げる能力を獲得したと認定し、学士(国際社会)を授与します。

1.地域社会の諸課題への対応能力
2. 国際社会と地域社会の関連性についての識見
3. 問題を発見し解決するための分析能力・実践的技能
4. 国際化社会に対応できる十分なコミュニケーション能力

また、各自の専門性を養うため、コースごとに身につける素養を定めています。

■英語コース
国際社会で十分に活躍することができ、世界から情報を得ることができる実践的・総合的な英語能力の獲得と、幅広い教養と実務能力を養う

■国際コース
国境を越えて生きていくための「旅する力」「取材力」「異文化適応能力」を身につけ、将来、国際社会、国際化する企業、教育現場、地域社会で活躍できる力を養う

■情報・経営コース
幅広い知識の上に高度な専門性を身につけたスペシャリストになるため、広い視野と現場に即した実践力・社会適応能力・ビジネス社会をけん引する行動力を養う

■心理・人間文化コース
心理学や多様な文化について学び人間への理解を深めること、他者とふれあうためのコミュニケーションの力、関心のある領域や将来の進路を見つけることができる力を養う

■児童教育コース
国際的な視野を持ちながら地域社会の課題と向き合って、様々な教育現場で子どもたちの学びを支援できる人材となるよう、小学校教員としての即戦力、小・中学校教員としての専門力、小学校英語に対応できる英語力、地域とともに子どもを支援する実践力を養う

アセスメントポリシー

【アセスメントポリシー】

本学では、アドミッション・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、ディプロマ・ポリシーに基づき、教育の質を点検、保証し、絶えず向上させるために、以下の方針にて学修成果を可視化、評価します。

■大学(機関)レベル

学生の進路状況(就職率、県内就職率、就職満足度)、資格取得、卒業時アンケート、学修ポートフォリオなどによって、学修成果の総括的評価を行います。

■教育課程(カリキュラム)レベル

単位取得状況、GPA、外部客観テスト、大学間共通学生行動調査、資格取得状況など多角的な指標を用いてカリキュラム全体の学修成果の達成状況について評価します。また、各年度に全学生を対象とした学修成果の振り返り(リフレクション)を実施し、コモンルーブリックを用いた学生の自己評価結果から、学年ごと、コースごとの能力獲得状況を確認します。さらに、自己評価の精緻化のため、各学生が教員と面談(リフレクション面談)を行います。

■科目レベル

シラバスにおいて各科目の学修目標、伸長を期待する能力、授業外学修の内容を明確に示し、学期末の授業アンケートの結果を用いて、科目ごとの学修成果の達成状況や能力の伸長、授業外学修について査定します。教員は各科目の目的に応じて、当該科目における学生の達成を評価するための方法をシラバスに具体的に明示し、その方法によって成績評価を行います。

教育の質および学修成果のアセスメント結果を最大限活用するため、IR(Institutional Research)組織を設置し、IR活動に積極的に取り組みます。IR組織は、多角的な視点から収集した学修成果指標を統合したデータベースを活用し、目的に応じて横断的、縦断的に分析することで、特定の科目(群)に固有の学修効果の解明、カリキュラム変更による効果の検証、学生の特徴にマッチした教育のあり方の模索といった精緻な質保証の取り組みを継続的に行います。IR活動によって得られた分析結果は、FDなどを通じて各部署にフィードバックし、教育活動の改善計画を策定に活用します。

学修成果のより具体的なアセスメント方法について、次の表に示します。

 

入学前後

在学中

卒業時・卒業後

大学(機関)レベル

・各種入学試験

・調査書

・面接、志願理由書等

・新入生調査

・GPA

・取得単位数

・リフレクション   (自己評価)

・ポートフォリオ・ショーケース

・外部テスト

・学修行動調査

・在学生調査

・課外活動状況

・離学率

・休学率

・卒業時調査

・ 卒業生調査

・リフレクション    (自己評価)

・ポートフォリオ・ ショーケース

・学位授与数

・進路状況調査

・就職率、進学率

・専門領域への就業率

・県内就職率

・資格取得

教育課程(カリキュラム)レベル

・各種入学試験

・調査書

・プレイスメントテスト

・面接、志願理由書等

・新入生調査

・GPA

・取得単位数

・リフレクション   (自己評価)

・リフレクション面談

・ポートフォリオ・ショーケース

・外部テスト

・学修行動調査

・在学生調査

・課外活動状況

・資格取得

・留学率

・離学率

・休学率

・卒業時調査

・卒業生調査

・リフレクション   (自己評価)

・ポートフォリオ・ショーケース

・学位授与数

・進路状況調査

・就職率、進学率

・県内就職率

・資格取得

・教員免許取得

科目レベル

・プレイスメントテスト

・科目成績

・単位取得率

・授業アンケート

・授業外学修時間

・ポートフォリオ

 

 

教育理念モットー教育の基本国際社会学部の目的

教育理念 <共愛・共生の精神>

本学は「共愛・共生の精神」を基本理念としています。「共愛」は、「共に愛し合う」という聖書の教えによる理念です。今日的に言えば、「共生」の精神と解釈することができます。そして「共生」とは、人類共通の、あるいは地球全体の願いであり、時代の変化に左右されることのない普遍的な原則です。こうした「共愛・共生」の理念は、国際社会においても地域社会においても私たちの重要な指針となるものです。

「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい」
(ヨハネによる福音書15章12節)

「共愛」という名称の由来を記した学園創設期の文書は残っていませんが、「共愛」という名称は、聖書のこの言葉に基づくものとして、120年余の長きにわたって理解され指針とされてきました。「共愛」すなわち「共に愛し、共に生きること」は、現在を生きる私たちばかりでなく未来を担う人々に向けられたたいへん重要なメッセージです。

宣教師館   聖歌隊

モットー

学生中心主義

本学では、教育の理念である「共生」を大学の運営と教育の場で実践していくために「学生中心主義」というモットーを掲げています。それは、これまでの日本の大学が、ともすると教職員を中心に運営され、大学というコミュニティの重要かつ最大の構成員である学生が、そのコミュニティの周辺に置かれているような状況になりがちだったことを反省したからです。大学の主役はあくまでも学生の皆さんであり、学生の皆さんとともに大学を創り上げて行こうという意志と、学生の皆さんにも「自分の大学」を良くしていく主体として、そのコミュニティの中心にいてほしいという思いの表れです。

地域との共生

大学というコミュニティの捉え方をさらに広めて「地域との共生」ももう一つのモットーとして掲げています。これは本学生の多くが群馬県近隣出身者であり、卒業後もその大多数が 群馬県近隣地域にて活躍していることを背景に、地域に根ざした大学として、自ら考え、判断し、行動できる人材=地域との共生を実践できる人材の育成に取り組むという姿勢の表れです。 「地域との共生」は、学生の皆さんが地域社会とかかわる機会をますます増やしていくという教育の具体策にも結びつくと同時に、地域・時代のニーズにあった教育の実践にもつながるものであるとも考えています。

教育の基本

本学では、理念を学生の皆さんと共有するために、5つの「教育の基本」を掲げています。

キリスト教主義に基づく全人教育

「共愛・共生」の理念がキリスト教の精神によって基礎づけられており、そのことを共有するために、まず「キリスト教主義に基づく全人教育」が挙げられています。
全人教育とは、知識・感情・意志のいずれにも偏らない、すべての面で円満に発達した人格を育成することをいい、「共愛・共生」という理念は、まさに知識・感情・意志のいずれのステージにおいても学生の皆さんに深く根付いていくべきものでしょう。また、「共生社会」の創造に寄与し、その中で共生を体現していくためには、一人ひとりが、まず自己を確立し、主体性と自尊心を持って社会の構成員とならなければなりません。この「教育の基本」の第一は、そのような人材の養成を目標としています。

国際性豊かな人材育成

共生の理念を体得した学生の皆さんが活躍する場面は、国際化した地域社会をも包含する、まさに国際社会そのものです。「国際性豊かな人材育成」という教育の基本は、本学で学んだ人たちがその理念を社会に還元していくためには不可欠なものといえます。
特に、本学が位置する群馬県近隣地域の国際化は拡大する一方であり、本学の卒業生の多くが群馬県近隣地域で活躍していることに鑑みれば、この教育の基本はこれからもますます重要な位置を占めるものとなると考えられます。

学究的精神ならびに態度

共愛=共生の理念を体得した学生の皆さんが、国際化する地域社会を包含する国際社会の中でその理念を還元しつつ活躍するに際しては、国際性豊な人材であることに加え、そのような社会の中で自ら課題を発見し、その解決策を探求し、解決に導く力を備えていることも重要です。そのような観点から、「学究的精神ならびに態度」は、本学在籍中の学修研究にとって不可欠であるのみならず、学生の皆さんが地域社会に貢献しうる人材として、地域で活躍する際においても大変重要な精神ならびに態度であるといえるでしょう。

知恵ある人を育てる

専門的知識や技能を重視すると同時に、その修得に留まるのではなく、これを活用し、宗教的情操や困難に立ち向かう強い意志に根ざしつつ、実際生活を生き抜いて行くうえで必要な判断力を重視する教育を行うことを意味するものです。
本学では、このことを捉え「ちょっと大変だけど実力がつく大学です」というキャッチフレーズを謳っており、この「実力」とはまさにこの社会の中で、人々と共に「実生活を生き抜いて行くうえで必要な “ちから”」のことです。前にも述べられている通り、「共生社会」の創造に寄与し、その中で共生を体現していくためには、一人ひとりが自己を確立し主体性と自尊心を持って社会の構成員とならなければなりませんが、ここでいうところの”ちから”を備えてこそ、それが可能となると考えられます。

実社会との主体的な交流・体験の機会を提供する

これまで掲げてきた4つの「教育の基本」は本学で学んだ学生の皆さんが卒業して社会に出たときに、その中で生きていく「ちから」となるはずです。しかし、これらが本物の「ちから」となるためには、在学中から国際社会・地域社会との交流を通して、その中でさまざまな体験を重ねることが重要になってきます。本学はこれらの機会を多く提供して、地域社会・実社会に学生の皆さんの主体力・実践力を育ててもらうという視点をも大切にしたいと考えています。

国際社会学部の目的

本学は、国際社会学部のみを教育組織としてもつ単科大学です。「国際社会学部」は、「グローカル」をキーワードに「国際社会のあり方について見識と洞察力を持ち、国際化に伴う地域社会の諸課題に対処することのできる人材の養成」をその教育目的としています。ここでいう「国際社会」とは、国境を越えて生成拡大しつつある生活世界の総体、人間生活の場を意味しています。
また、国際化する地域社会で活躍する人材の持つべき素養としてつぎの6点を掲げ、教育活動を実践しています。

「世界と地域の社会経済的な関連性についての識見」
「地域の社会問題への視野」
「社会経済面の分析能力・実践的技能」
「世界と地域の社会文化についての識見」
「外国語の十分な言語運用能力」
「調査や研究を通じて問題を発見し解決する能力」

これらの素養を身に付けた本学の卒業生は、地域の生活文化に立脚しながら、国際化、情報化に対応できる地域社会の新たな創造と地域文化の形成にかかわっていくことが期待されます。同時に、地域の生活を見つめながら、地域と日本全体、国際社会との関連を見きわめることによって、幅広く、地域を越えて、あるいは国際社会で活躍する人材として成長していくことも期待されます。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp