トップページ  » 新着情報  » 平成30年度 多文化共生シンポジウム(主催:群馬県)にて本学学生(国際コース:李佳瑶さん)が報告者及びパネリストとして登壇しました!

平成30年度 多文化共生シンポジウム(主催:群馬県)にて本学学生(国際コース:李佳瑶さん)が報告者及びパネリストとして登壇しました!

2月10日(日)、平成30年度 多文化共生シンポジウム「身近に増える在住外国人とともに群馬の未来を描く~多文化共生協働活動事例発表~」において、本学学生(国際コース:李佳瑶さん)が報告者及びパネリストとして登壇しました。

本シンポジウムは、群馬県主催(受託事業者:NPO法人 多文化共生ぐんま)による事業で、当日は県認定の「多文化共生推進士」の他、日本語学校関係者、NPO関係者、学生、一般の方々など約100名が参加しました。本学からは数名の学生が参加したほか、国際コースの西舘講師と同コース2年生の李佳瑶さんが登壇し、報告を行いました。

シンポジウムの第一部では、多文化共生推進士による4つの多文化共生協働活動事例が報告され、第二部では「身近に増える在住外国人とともに群馬の未来を描く」をテーマとし、武井昭氏(NPO法人地域総合生活デザイン研究所理事長・高崎経済大学名誉教授)によるコーディネートのもと、外国にルーツをもつ方々と自治体関係者らがパネルディスカッションを行いました。

李さんは、来日した当初からこれまでを振り返りながら「外国人向けの交流イベントが開催されることは多いが、参加者が少ない」と指摘。そして、自身が日本語学校で学んだ経験から、教育関連施設でのイベント開催を提案しました。また李さんが代表をつとめる「旅(タビ)ンボー」活動(外国にルーツをもつ人々や留学生らが旅費をおさえながら一緒に旅をする活動)についても紹介しました。

貴重な機会を与えて下さった群馬県 人権男女・多文化共生課の皆様、NPO法人 多文化共生ぐんまの皆様に心からのお礼を申し上げます。

 

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp