トップページ  » 新着情報  » 群馬県教育委員会 笠原教育長の特別講演が行われました

群馬県教育委員会 笠原教育長の特別講演が行われました

 12月20日(金)、「教育実習事前事後指導」及び「教職実践演習」の授業において、群馬県教育委員会教育長・笠原寛氏による特別講演が行われました。演題は「群馬県が求める教員像」です。100名を超える学生、教職員が熱心に耳を傾けました。

 これからの社会が人口減少へと向かう中、「人」を最も重要な財産と捉え「人づくり」の重要性や「人を育てる」学校教育の重要性についてお話しされました。そして、群馬県が求める教員像とは、「社会人として優れた見識」「幅広い視野と高い専門性」「豊かな人間性とコミュニケーション能力」の3つを兼ね備えた教員であり、群馬県は社会と繋がっている広い視野を持った先生を求めているとのことでした。

 また、現場で「活躍する先輩」として、本学の卒業生2名(中学校・教職1年目と小学校・教職9年目)をご紹介いただきました。先輩たちの現在の職務内容、教員としてのやりがい、学生時代の学びなどが伝えられ、卒業生からは後輩へメッセージが送られました。

 最後に「時代が変わっても社会が変化しても学校教育の基本は変わらない。大学生活を有意義に過ごし、群馬県の教員を目指してほしい」とのエールを頂きました。

 

   

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp