トップページ  » 新着情報  » 教育と社会(中等)特別授業を行いました!

教育と社会(中等)特別授業を行いました!

 12月6日、教育と社会(中等)の授業では、福島の詩人で学校心理士の二階堂晃子氏と高崎市在住で郷里を福島にもつ吉田広行氏をお迎えし、特別講義が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 二階堂氏は、詩集『悲しみの向こうへ』『音たてて幸せがくるように』(コールサック社)などの著者で、「希望をもって-震災から考える -想いをことばに託して-」をテーマに講義をされました。自作の詩の朗読を通して、震災以降の福島の人びとの生活や子どもたちの心のリアルな状況を伝えてくださいました。二階堂氏が教師時代の教え子にあたられる吉田氏は、詩に詠まれている浪江町の故郷やご両親の生き方を語られました。

 参加者は、「この一節は講演が終わった後も頭から離れませんでした。」「自分の無知さを痛感しました。知らないからこそ誤解が生まれてしまうと考えています。」などと感想を寄せ、「教師になった際、風化させることなく語り継いでいきたい。」と心に刻みました。

 

   

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp