トップページ  » 新着情報  » 久保田紗英さん、中島有富さんが「中曽根論文」コンクールにて入賞しました!

久保田紗英さん、中島有富さんが「中曽根論文」コンクールにて入賞しました!

国際コース3年の久保田紗英さんと中島有富さんが「第10回 青雲塾・中曽根康弘賞」論文コンクールにて、それぞれ佳作を受賞しました。

久保田さんの受賞論文のタイトルは「私の政策提言ーアクティブラーニングでコミュニケーション能力を向上させる」です。論文では、コミュニケーション能力を向上させるために必要な学び方の一つとして「アクティブラーニング」に注目し、「ジグゾー」や「学生が教える授業」「逆の立場で主張を構築する学び」などの具体例をあげながら議論を展開しました。

中島さんの受賞論文のタイトルは「私の政策提言ーホスピタリティの高いインバウンド観光客への対応ー “おもてなし”から “OMOTENASHI” へ」です。論文では、高ホスピタリティの条件を提起し、それらを実現するための具体策を提案しました。

授賞式は11月25日(土)、ホテルメトロポリタン高崎にて行われました。授賞式の様子は以下のとおりです。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp