トップページ  » 大学からのお知らせ » 新着情報  » 群馬県留学生日本語スピーチ大会で本学の留学生が1位と2位ダブル受賞しました!

群馬県留学生日本語スピーチ大会で本学の留学生が1位と2位ダブル受賞しました!

10月21日(日)に開催された「群馬県留学生日本語スピーチ大会」にて、本学の留学生が1位と2位に輝くという快挙を達成しました。

このスピーチ大会は、群馬県留学生交流推進協議会が、群馬県内の高等教育機関に在籍する留学生を対象に毎年開催しており、今年は本学が開催会場でした。群馬県内の大学を代表する9名の留学生達が参加し、「人生を変えた出来事」というテーマで素晴らしい日本語スピーチを披露しました。

 

審査員には、前橋市国際交流協会の橋本誠次事務局長と群馬大学国際センターの船橋瑞貴先生をお迎えした他、本学の大森昭生学長と平田郁美副学園長も加わり、留学生達の日本語能力はもちろん、スピーチの内容や表現力といった総合的なスピーチ力を審査しました。

この大会に本学からは、先月の学内予選を勝ち抜いた4名の留学生が参加しました。高いレベルの出場者ばかりでしたが、審査の結果、映えある最優秀賞に選ばれたのは、本学の情報経営コース1年のHoang Dieu Anh(ホアン・ジュ・アン)さんでした。Hoangさんは、「まず家族を大切にする」というタイトルで、故郷ベトナムの両親とのエピソードを表現力豊かに紹介して、審査員や来場者の感動を呼びました。

また、中国の西安大学から交換留学をしている張楊(チヨウ・ヨウ)さんは優秀賞を受賞しました。「花満開なら蝶々寄る」というタイトルのスピーチをした張さん(情報経営コース所属)は、来日僅か7か月とは思えない流暢な日本語で、「全力を尽くせば結果は付いてくる」と努力の大切さを伝えました。

どの出場者のスピーチも素晴らしく、外国語である日本語で堂々とスピーチをする留学生達の姿は、会場にいた日本人来場者や審査員の心に深く残るものとなりました。出場して下さった留学生の皆さん、ご協力下さった関係者の方々、そして長時間にわたる大会をご参観下さったご来場者の方々に心より御礼申し上げます。

 

<大会の結果は以下の通り>

【最優秀賞】

Hoang Dieu Anh(ホアン ジュ アン)共愛学園前橋国際大学 国際社会学部1年(ベトナム)

タイトル「まず家族を大切にする」

【優秀賞】

張 楊(チョウ ヨウ)共愛学園前橋国際大学 国際社会学部交換留学生(中国)

タイトル「花満開なら蝶々寄る」

刘 晴(リュウ セイ)上武大学 ビジネス情報学部2年(中国)

タイトル「幼少期のいじめを克服して」

【審査員特別賞】

Sok Saret(ソク サレート)群馬大学 大学院理工学府修士1年(カンボジア)

タイトル「母の言われたことで人生が変わった」

兪 亮亮(ユ リョウリョウ) 高崎経済大学 経済学部4年(中国)

タイトル「千尋から千への脱皮」

 

 

9名の出場者(前列中央が最優秀賞のホアンさん、左端が優秀賞の張さん)

 

 

出場者と審査員の記念写真

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp