トップページ  » 新着情報

新着情報

2019年度 海外フィールド・ワーク(イタリア)がイタリアのTVで紹介されました! (2019/09/17)

今年度初めての実施となった海外フィールドワーク・イタリアでは、9月2日から10日まで、国際コースの学生10名とともに、イタリアの2つの都市(「水の都」ヴェネツィアと「風の都」トリエステ)、そして隣国のスロヴェニアとクロアチアを、9日間の日程で訪れました。

最終目的地のトリエステにて、トリエステ自治体と現地の日伊文化芸術振興会「友情」の共催で、「街に埋もれた好奇心―日本人大学生10名によるトリエステ再発見」と題するプレゼンを本学の学生が行い、イタリア国営放送地方局(RAI 3)に取り上げられました!

 

イタリアで実際に放映されたニュースはこちらよりご覧ください!

ニュース内容をイタリア語を訳すと、次のようなものでした。

*******

2019年9月8日放送 RAI 3 TGR フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア自治州

【見出し】なぜトリエステの人たちは「小さな」ポンテロッソの運河を「大運河」って呼ぶの?

この風変わりな問いは、ひょっとするとこの街の特徴をズバリ言い当てているのかもしれません。トリエステを訪れた10名の国際社会学を学ぶ大学生たちは、こうしたことについても調べにきたのでした。私たちトリエステ人と日本との関係は、貧相で退屈なものと思い込んでいたらとんでもない間違いで、なんとも驚くべきものでした。

【ニュースの抄訳】

キャスター:トリエステの日本人はどのようなことを考えているのでしょうか? この問いかけに3回の小さな連続イベントで答えていく催しがジューリア地方の街で開かれました。「日本人の視点」というタイトルで、最初のイベントがトリエステの東洋美術博物館で行われました。

最初の会合の主人公は、日本で国際社会学を学ぶ10名の日本人の女子大学生たちで、大学教員といっしょにイタリアを訪れました。トリエステの街なかで興味を引いたものを写真に撮り、その説明を学生たちが行うという試みでした。興味深い点が指摘されたり、一見すると取るに足らない疑問が挙げられました。たとえば「なぜ信号機はこんなに低いのか?」「なぜトリエステの人たちは、こんな「小さな」ポンテロッソの運河を「大運河」と呼ぶのか?」といった疑問でした。

鈴木鉄忠(共愛学園前橋国際大学):「彼女たちは数か月前までトリエステという名前すら聞いたことがありませんでした。そのためまっさらな感覚でこの街を見ています。もしかしたら彼女たちの写真が、トリエステの人たちの「当たり前」を考えなおすきっかけになるかもしれません」

キャスター:次の会合は、トリエステ市立歌劇場で月曜日と水曜日に行われる予定です。

マルティーナ・フェッロ・カーザグランデ(トリエステ日伊文化芸術振興会「友情」):「次の会合では、文学という視点からトリエステの街についてお話しする予定です。いまから何十年も前にこの街を訪れた日本人が、どのようにトリエステ体験したのか、そしてどのようにトリエステを日本に紹介したのか、これらの点を評論や小説を題材に掘り下げていきます」

キャスター:水曜日の最終回は、音楽が取り上げられる予定です。第1回目の会合が行われたトリエステ東洋美術博物館は、トリエステの名望家たちが極東への情熱をもっていたことを物語るもので、とくに19世紀のコレクションが展示されています。

ラウラ・カルリーニ・ファンファーゴ(トリエステ市立博物館館長):「この博物館は、個人の貴重な所有物の一部を寄贈してもらって成り立っています。それはかつて東洋で働いていたトリエステの人々のおかげなのです。たとえばロイド海運会社がその代表例として挙げられます。そのため海運は、トリエステにとって常にイタリアとの関係の中心としてあるものでした。私たちの街はそうした固有性をもっており、日本や他の文化とも、海を通じてつながっていたのです」

以下に学生たちがプレゼンした写真の一部を紹介します。

写真① なんで信号機はこんなに低いの!?

写真② 接近しすぎの縦列駐車! どうやって出るの!?

写真③ 「小さな」運河を何で「大運河」って呼ぶの?

写真④ バスがなんで2台連結して1台なの? 2台に分けて本数を増やした方がよいのでは?

写真⑤ 街なかで犬の散歩をしている人がたくさんいるのはなぜ? お店の入り口にはワンちゃんの水飲み皿までご用意されている

写真⑥ スーパーのレジ係が座って仕事している… 日本ではみんな立っているのに

写真⑦ 平日の夜中近くなのになんでこんなに街なかに人がいるの?

写真⑧ 夜10時以降の子供の外出は群馬では禁止なのに、トリエステでは見かけるのはなぜ?

写真⑨ 夕焼けがとてもきれい!

いずれもトリエステの人たちにとっては見慣れた日常生活のワンシーンばかりで、あまりにも「当たり前」すぎて目にも止まらないものです。しかし、日本から初めてトリエステに来た学生にとっては、なんとも摩訶不思議でならないものばかりです。みなさんはどんな点が不思議だと思いますか? またこれらの写真に地元の人たちがどんな反応や返答をしたと思いますか? 

異文化交流のきっかけが、こうした小さな驚きや好奇心から始まることはとても重要のように思えます。なぜなら優劣関係や排除によってではなく、「他者」と「自分たち」との違いを「他者の合理性」として理解するきっかけになるからです。

立見席が出るほど盛況で、爆笑がおこったり、熱心な質問や地元の人ならではの的確な回答があったりと、あっという間の時間でした。詳しくはシャロン祭や最終報告書で紹介したいと思いますので、ぜひ本学にお越しください!

最後に、本企画に際して、多大なご協力をいただいたトリエステ日伊文化芸術振興会原田光嗣さんとマルティーナ・フェッロ・カーザグランデさん、トリエステ自治体およびトリエステ東洋美術博物館を含む市立博物館長ラウラ・カルリーニ・ファンファーゴさんに厚く御礼を申し上げます。

地域の皆様に向けたパソコン講座を開催しました! (2019/09/13)

本学では、前橋市永明公民館・城南公民館と共催で、地域の方を対象に初心者向けの生涯学習講座『パソコン講座』を開催しています。

9月9日から5日間にわたり『パソコンすてっぷあっぷ講座』を開催しました。

 

 

 

 

 

 

本講座では、本学の学生が講師を務めています。全5回のコースを終え、参加者からは「学生さんが親切丁寧に教えてくださり少しずつ操作ができるようになりました」「講座後もPC練習をして操作の向上に努めたいです」といったお言葉をいただきました。

 

 

 

 

 

 

最終日には懇親会を設け、アシスタントの学生と受講者の皆様との交流を図りました!

本学では、地域の皆様との繋がりを大切にしています。

2019年度海外フィールド・ワーク(ハワイ)を実施しました! (2019/09/12)

本学では毎年夏に国際コースの学生を中心に、海外へのフィールド・ワークを行っております。フィールド・ワークとは、参加者が現地にて様々な体験をしながら、各自のテーマで取材・調査を行う実習です。それぞれの取材・調査と並行して、全員共通の体験・交流、さらには関連施設の視察なども行います。今年のフィールド・ワークはハワイに加え、フィリピンとイタリアでも実施しました。来年度からはマレーシアへのフィールドワークも実施します。

(国際コースについては、詳しくはこちらをご覧ください。なお、海外フィードワークは国際コース以外のコースからも参加が可能です。)

今回は、9月1日(日)から9月11日(水)までハワイにて実施されたフィールド・ワークについてご報告致します。

ハワイを訪れた学生たち(総勢12名)は、前期の事前学習を通して、それぞれの調査テーマのもと9月のフィールド・ワークに臨みました。ビショップ・ミュージアム、ハワイ王国のイオラニ宮殿などを見学し、ハワイの歴史や文化について学びました。早期アジア移民が働いていたプランテーション・ビレッジを訪問し、日系3世移民の解説員KENさんからハワイの移民の歴史について、3時間ものお話をして頂きました。真珠湾アリゾナ記念館も見学し、太平洋戦争の歴史や日米関係について学び、戦争と平和について考えさせられました。

アジア太平洋研究で有名なシンクタンクEast-West Centerを訪問し、教育プログラム担当のKanika Mak-LavyさんとRobert MooreさんからからEast-West Centerの事業や留学生の生活体験を紹介して頂き、海外経験を通じて視野を広げることの大事さを感じました。また、ハワイ大学を訪問し、大学の授業に参加し、現地の大学生と英語で交流を行いました。

ドール・プランテーションでは広大な敷地のパイナップル、バナナなどの栽培や生産を見学しました。週末は地元のKCCファーマーズ・マーケットにも参加し、ハワイの農産業について学びました。

また、各自の取材テーマ、例えば、ハワイの交通ルール、ハワイの音楽と楽器、ハワイの生活様式、ハワイと日本の歴史関係などについて、自由取材を行いました。

学生たちは今後、それぞれの学びの成果を学内外に向けて発信していく予定です。学園祭(10月19日、20日)では「展示会」を行い、その後、各自のテーマで報告書を執筆します。

ハワイではたくさんの方々にお世話になりましたが、East-West CenterのKanika Mak-LavyさんとRobert Mooreさん、ハワイ大学の小笠原先生と和田先生、プランテーション・ビレッジの解説員Kenさんには、この場をお借りして厚く御礼を申し上げます。

            ビショップ・ミュージアム見学

              真珠湾アリゾナ記念館見学

            プランテーション・ビレッジ見学

              ハワイ大学の学生との交流

              ハワイ王国イオラニ宮殿見学

ドール・プランテーション見学         KCCファーマーズ・マーケット体験

           ダイアモンド・ヘッド ハイキング

  East-West Center訪問             ホノルル空港

今年最後のオープンキャンパスを開催しました! (2019/09/10)

2019年9月7日(土)今年最後のオープンキャンパスが満員御礼で開催されました!

 

来場者は昨年の1.5倍!保護者の方々は昨年の2倍となりました。

皆様が本学に目を向けてくださっていることを誇りに、学生たちは最高の笑顔で自分の成長を、本学の魅力を、自分たちの言葉で懸命に伝えました。ご来場ありがとうございました!

 

★受験生用WEBページはこちらです→ https://ad.kyoai.ac.jp/

入試情報など、受験生のみなさまに向けた情報を発信していますのでご覧ください。

 

【お知らせ】2019年度 みんなで作ろう「ぐんま方言かるたⅡ」コンクール開催について (2019/08/21)

2019年度 みんなで作ろう「ぐんま方言かるたⅡ」コンクールを開催いたします!

詳細は下記をご覧ください。皆様のご応募を心よりお待ちしています。

 

■要項はこちらからもご覧いただけます →開催要項(PDF)

■ポスターはこちらからご覧いただけます→ポスター(PDF)

 

<2019年度 みんなで作ろう「ぐんま方言かるたⅡ」コンクール 開催要項>

1 目的

群馬方言の保存・継承を目的とし、「ぐんま方言かるたパートⅡ」の制作をすることで、群馬県民及び群馬県の児童・生徒等に群馬方言の大切さや良さを広く呼びかける。

 

2 主催

ぐんま方言フェスティバルプロジェクト(共愛学園前橋国際大学)

 

3 共催 

共愛学園前橋国際大学

 

4 後援

・群馬県教育委員会 ・前橋市教育委員会 ・伊勢崎市教育委員会

・上毛新聞社 ・群馬テレビ ・株式会社エフエム群馬

・朝日新聞社前橋総局 ・読売新聞前橋支局 ・毎日新聞社前橋支局 ・産経新聞社前橋支局

 

5 日時

① 作品応募締め切り

  令和元年 10月31日(木)消印有効

② 審査日

  令和元年 11月13日(水)

③ 表彰式

令和元年 12月7日(土)午前10時~正午まで

   (受付:午前9時30分 開会:午前10時)

 

6 会場

 共愛学園前橋国際大学 1101教室

 (〒379-2192 前橋市小屋原町1154-4  駐車場有)

 

7 コンクール募集内容・参加対象

  • ぐんまの方言を盛り込んで、「あ」~「ん」で始まる方言かるたを作ってください。

 

① 読み札部門

 応募内容  ・・1応募につき方言かるたの読み札1枚

応募できる人・・群馬方言に興味のある方なら誰でも応募できます(団体・グループ可)。

② 読み札・絵札セット部門

 応募内容  ・・方言かるたの読み札と絵札をセットにして1組

応募できる人・・群馬方言に興味のある方なら誰でも応募できます。特に、高等学校や中学校の部活動(文芸部や美術部等)の皆さんの積極的な参加を期待します。

家族単位や友達グループでの応募も可能です。(児童・生徒が含まれる場合、必ず代表は児童・生徒にしてください。)

読み札が違えば複数のセットの応募も可能です。

 

8 選考方法

選考委員の協議により、選考します。

<選考委員>

選考委員長

共愛学園前橋国際大学学長・教授 大森 昭生

特別選考委員

前橋児童文化センター館長    佐藤 博之

選考委員

共愛学園前橋国際大学教授    佐藤 高司・本多 正直・兼本 雅章

共愛学園前橋国際大学ぐんま方言かるた2019プロジェクトメンバー

                  堀江亜里紗・角田ありす・仲慎吾

                  狩野恭央・矢島大暉・里見裕生・鈴木遥

 

9 表彰

年度ごと、部門ごとに、最優秀賞・優秀賞・入選者を表彰する。また、特別賞を用意するほか、参加者全員に参加賞を用意する。

入選作品の著作権は共愛学園前橋国際大学に帰属するのでご了承ください。

 

10 賞品

  ①読み札部門

   最優秀賞 1組 ギフト券5000円

   優秀賞  2組 ギフト券3000円

 

  ②読み札・絵札セット部門

   最優秀賞 1組 ギフト券10000円

   優秀賞  2組 ギフト券5000円

 

  ③入選者には①と②の部門の中から10組にQUOカード500円

 

11 最終的な採用

 2019年度と2020年度の入賞作品の中から、最終的に「ぐんま方言かるたパートⅡ」に採用する読み札と絵札を選びます。必ずしも、最優秀賞が採用されるとは限りません。

 

12 応募期日

申込期日:令和元年 10月31日(木) ※必着(消印有効)

 

13 応募方法

「記入内容」 1.応募者氏名(ふりがな) 2.性別  3.年齢 

4.職業(学生の場合学校名・学年) 5.連絡先(携帯) 6.郵便番号・住所

* 団体者の場合は団体名と、全員の氏名を記入 

 

① 読み札部門

官製はがきに、考えた読み札と「記入内容」を記入

 

② 読み札・絵札セット部門

*絵札はできれば切り絵で応募してください。切り絵でなくても手書きの絵でも可能ですが、採用された場合にはこちらで切り絵にさせていただきます。

AとBとを折らずに封筒に入れて、送ってください。

 A:官製はがきのサイズの紙の表に考えた読み札、裏に「記入内容」を記入

 B:A5(はがきの2倍のサイズ)の紙の表に考えた絵札、裏に「記入内容」を記入

 

<応募先>

 〒379-2192 前橋市小屋原町1154-4

 共愛学園前橋国際大学 「ぐんま方言かるたパートⅡ」応募係

 

   (おもて)               (うら)

 379-2192

 群馬県前橋市小屋原町1154-4

 

 

    共愛学園前橋国際大学

 「ぐんま方言かるたパートⅡ」

                               応募係

 

 ①応募者氏名(ふりがな) 

 ②性別  

 ③年齢 

 ④職業(学生の場合学校名・学年) 

 ⑤連絡先(携帯) 

 ⑥郵便番号・住所

 

 ■読み札■

 

 

14 個人情報の取り扱いについて

  応募の際の記入内容に記載された事項につきましては、表彰状の作成に使用させていただき、入賞された個人につきましては、表彰式で呼称させていただきますのでご了承おきください。また、当日マスコミ等の取材も予想されますが、入賞者の情報につきましては、公開させていただきますので、あわせてよろしくお願いします。

**********************************************

15 問い合わせ先

〒379-2192 前橋市小屋原町1154-4

   共愛学園前橋国際大学 佐藤高司研究室内

   ぐんま方言フェスティバルプロジェクト事務局

メールアドレス:hougen.karuta@gmail.com

TEL:080-9506-5687

FAX:027-266-9307

**********************************************

16 その他

「ぐんま方言かるた」発売後10周年となる2022年には、勝負にこだわらない形(体験重視等)の「ぐんま方言かるた」と「ぐんま方言かるたⅡ」の大会を開催したいと考えています。

【お知らせ】日本テレビ『news every サタデー』(8/3放送予定)で本学の取り組みが紹介されます! (2019/08/02)

日本テレビの『news every サタデー』番組内で本学の取り組みが紹介されます!

以下の日程で放送予定ですので、ぜひご覧ください!

放送日: 2019年8月3日(土)17:00~17:30

<番組HP>http://www.ntv.co.jp/program/detail/21880305.html

 

 

 

【国際コースと地域連携シリーズ No.20】講演「伊勢崎市における国際化と多文化共生の現在」を開催しました! (2019/08/01)

【国際コースと地域連携シリーズ No.20】 講演「伊勢崎市における国際化と多文化共生の現在」(講師:石原真二​さん・伊勢崎市役所市民部国際課)を開催しました!

7月10日、本学において、講演「伊勢崎市における国際化と多文化共生の現在」が開催されました。「国際コースと地域連携シリーズ」としては第20回目となります。ゲスト講師は石原真二​さん(伊勢崎市役所市民部国際課)です。講演には「多文化共生社会I」履修者、約60名のほか、本学教員が参加しました。

講演ではまず、伊勢崎市における国際化の現状や伊勢崎市における多文化共生に関する実際の取り組みやプロジェクトについてお話し頂きました。

 

そのうえで、石原さんから学生たちに、「皆さんが伊勢崎市の職員だったら、多文化共生を進めるために、どんなことに取り組みますか?」というお題が出されました。

石原さんの講演に先立ち、学生たちはグループにわかれて伊勢崎市の多文化共生の現状を調べるフィールドワークを行い、調査結果のプレゼンテーションを行っています。学生たちは、フィールドワークで見聞きし考えたことを踏まえ、石原さんからのお題に取り組み、提言を行いました。

最後に、石原さんからは、各グループのフィールドワークの結果について講評を頂きました。石原さんは、それぞれ良かった点や今後に向けたアドバイスをしてくださいました。学生たちは、自分たちが取り組んだことに、専門家からのフィードバックを頂けるというとても貴重な機会を頂きました。

多文化共生は、こうなれば完成というものが見えにくいものです。

石原さんは、日々変化する状況を踏まえて、多文化共生とは何かを考え続けることや、自分にできることをやってみることの重要性を教えてくださいました。

貴重なお話を聞かせて頂いた石原さんに、この場をお借りして、心からの感謝を申し上げます。

 

※本講演会は、本学における地域共生研究センターの助成を受けて行われたものです。

 

 

 

 

 

国際コース「ディベート大会」を開催しました! (2019/07/26)

国際コースの合同基礎ゼミでは、7月4日、7月11日、7月18日、7月25日の4週にわたってディベート大会を開催しました。

ディベート(是非型論題)とは、あるテーマについて賛成・否定の2グループに分かれ、自分の主張の正しさを、確かな根拠に基づいて論じ合うことです。もし自分とは異なる意見が出た場合、どこがどう違うのかの基準をきちんと示して、自分の主張の妥当性をあらためて論じなければなりません。

国際コースでは、2015年度からディベート大会を通じた「実践的な学び」を取り入れてきました。まだ大学生活に慣れていなかったり、友人関係が十分に確立していない1年前期だからこそ、ゼミのメンバーと資料収集や話し合いを活発に重ねていくことで、自分なりの大学生活のリズムを見出したり、ゼミでの良好な関係を築く機会にもなります(「ディベートを用いたアクティブ・ラーニング」に関するねらいについては、こちらをご覧ください)。

ディベート大会では、ゼミごとに1つのテーマが与えられます。ゼミのメンバーは、個人的な意見に関係なく、賛成派と反対派の2つのチームに分かれます。テーマとなったのは、以下のトピックでした。

「日本は、過去の戦争(特に太平洋戦争)について、アジア諸国に謝るべきか?」

「夫婦は同姓であるべきか?」

「温暖化問題:CO2の削減に先進国と発展途上国が同じ義務を負うべき?」

「超少子高齢化の日本には、移民受け入れ政策が必要?」

「日本に原発再稼働は必要か?」

「日本は観光立国を目指すべきか?」

「日本は成人年齢を18歳まで引き下げるべきか?」

 

ディベート(debate)の本来の意味に「打つ」「戦う」があるように、「言葉のバトル」です。自分たちの主張を確かな根拠にもとづいて展開しながら、予想される反駁から自分たちの主張を守らなければなりません。この「試合」に臨むためには、しっかりとした準備が必要です。そこで1年生は基礎ゼミのチームごとに集まって、何日も何週間もかけて準備し、ディベートの本番に臨みました。ディベートの勝敗は、その時「試合」に参加していない1年生全員と、国際コースの教員の投票によって決められました。そしてディベート大会には、国際コースの先輩たちが毎回参加してくれました。

いよいよディベート大会の当日。「試合」の舞台は、「チャペル」とよばれる大学で一番大きな教室です。緊張を感じながら、相手や聴衆に向かって自分たちの主張をわかりやすく、論理的に説明し、議論することに挑戦しました。

  

ディベート後は「初めてたくさんの人の前で話をしてとても緊張した」「自分たちの主張の裏付けとなるデータをしっかりと用意することの必要性を感じた」、「相手に自分の主張を分かりやすく伝えることの重要性を感じた」といった感想が出てきました。また「準備したことを主張や議論に活かしきれなかった」「ただ自分たちがテーマについて理解する以上に、多くの準備が必要だと思った」といった反省の声も聞かれました。

そしてディベート後には毎回、先輩たちがディベート大会の講評とアドバイスをしてくれました。「オーディエンスの方を向いて話す」「原稿を読まない」といった具体的な助言から、「基本用語の定義をする」「相手の意見を認めながら自分の意見を述べる方法」といったディベートに関する実践的なアドバイスまで、丁寧に解説してくれました。

さて、一連のディベート大会を通じてわかってきたのは、ディベートを活用した学習の副産物です。それは「対話する力」と言えます。ディベートでは、討論の前と後で自分の主張が変わった方が「負け」になります。しかし、対話(ダイアローグ)では逆です。つまり、自分とは違う意見にふれ、話し合い、理解しようと試みることで、以前の自分の考えが変わることにこそ、意味があるのです。ディベートの本番で「言葉のバトル」を闘わせた学生たちは、ディベートの準備や他のゼミのディベートを聴くことを通じて、「なるほど、こういう意見もあるのだな」「自分とは違う意見だけど、たしかに一理あるな」「最初は共感できないと思ったけれど、いまはある程度理解はできる」といった”気づき”がありました。まさに「言葉による闘い」と「言葉による相互理解」こそ、国際社会を生きるために必要な力になってくるのです。

今回のディベート大会は、実際にやってみて初めて実感した難しさも含め、国際コース1年生にとって、とてもすばらしい経験になったようです。なお、今年度のディベート大会については、10月19日、20日の学園祭(シャロン祭)にて、ポスター展示を行いますので、ぜひご覧になってください!

国際コースでは、専門的知識、論理的思考力、旅する力、語学力、異文化理解の5つの能力を総合して「国際力」と呼び、それを伸ばすことを目標としています。今後も国際コースでは、国際力を培うための様々な試みをしていきます。(国際コースについて詳しくは、こちらをごらんください)

8月のオープンキャンパスのご案内! (2019/07/24)

次回、8月のオープンキャンパスは8月3日(土)・4日(日)の2日間です!

オープンキャンパスの予約は7月29日(月)午前9時締切です。ぜひ早めの予約をお待ちしています。

ご予約と当日のプログラムは下記よりご確認ください!

https://ad.kyoai.ac.jp/opencampus.cgi?ph=2&id=13

みなさまのご参加をお待ちしています!

『トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機』を設置しました! (2019/07/24)

『トビタテ!留学JAPAN寄付型自動販売機』(2台)を設置しました!

この寄付型自動販売機は、本学が群馬県内で初めての設置場所となります。

トビタテ!留学JAPANとは、意欲のある日本の若者たちが海外留学に自ら一歩踏み出す機運を醸成することを目的として、官民協働で取り組み留学促進プロジェクトです。

こちらの寄付型自動販売機は、売り上げ金額の一部が若者に向けた海外留学奨学金となります。

この取り組みを通じて、意欲と能力ある若い方たちが自ら海外留学にチャレンジできる一助となりますように!

  

次のページ »

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp