国際コース岡井ゼミは、東京のイスラーム社会を巡るフィールドトリップに出かけました。
行き先は、都内の二つのモスク(イスラームの礼拝施設)。

一つは東京ジャーミイ(渋谷にある美しいモスク)。
ガイドツアーや、イマームの先生とのQ&Aセッションを行いました。付属のカフェでは、本学で毎年授業をしてくれている、カイロ大学のリーム・アハマド先生にも偶然再会しました!

二つ目は大塚マスジド。
東日本大震災の被災地支援やホームレス支援で有名なモスク。海外でも支援活動をしています。事務局長のハールーン・クレイシさんから、大塚マスジドの活動やボランティアに対する考え方についてお話を伺いました。

ちなみにランチはトルコ料理、ディナーは中国ムスリムの清真料理!
この一日、学生たちは多くの人と話し、交流をしました。全身を使ってイスラーム社会を体感し、学んできました。

群馬もまたイスラーム社会が根付いた地域です。ツアーでの学びを、地域での学びや多文化共生に活かしてくださいね。

モスクの皆様、今回も大変お世話になりました。とても貴重で楽しい学びの機会をありがとうございました!