トップページ  » 大学での学び » 情報・経営コース  » 小柏 伸夫(オガシワ ノブオ) (Ogashiwa Nobuo)
情報・経営コース

小柏 伸夫(オガシワ ノブオ) (Ogashiwa Nobuo)

画像:教員近影■教授

主な経歴
北陸先端科学技術大学院大学 博士後期課程 修了
独立行政法人 情報通信研究機構 情報通信セキュリティ研究センター 専攻研究員(非常勤)

■学位
博士(情報科学)

小柏研究室、小柏ゼミ、ウェブサイト (http://nlab.jp/)

専門分野・研究テーマ

インターネット技術・ソフトウェア・プログラミング・経路制御

担当科目

情報処理概論・情報技術とハードウェア・コンピュータネットワーク・コンピュータネットワーク演習・画像情報処理・コンピュータグラフィックス・基礎演習・課題演習・卒業研究

ゼミナール

情報環境をより利便性の高いものにするためには、情報環境を利用するだけでなく情報環境の価値を高める方法を知る必要があります。この課題演習では、情報環境を利用するだけでなく情報環境の価値を高めるためのアプリケーションやコンテンツの実現方法について学習します。併せてセキュリティやモラル等、情報環境の利用に付随する様々な問題についても学習します。

情報環境の動作の仕組みの理解、プログラミングによる新しいアプリケーションの実現、利用価値の高いコンテンツの実現などが可能な知識や能力を身につけることを目標とします。興味のある内容に合わせた資料を分担し学習を進めます。また、プレゼンテーションを通して知識を共有しながら習得します。

主な業績

著書・業績

RFCダイジェスト (UNIX Magazine 連載記事), 平成12年1月?平成15年3月, 株式会社アスキー
RFCダイジェスト 標準化の森を歩くための地図とコンパス, 平成17年9月, 株式会社アスキー
UNIX Magazine classic with DVD (RFCダイジェスト部分), 平成19年9月, 株式会社アスキー
DNS & BIND 第5版, 平成20年1月, 株式会社オライリージャパン
“マルチプロトコルラベルスイッチング技術を用いたマルチキャスト に関する調査”, 小柏 伸夫, 宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, 平成12年4月, 北陸先端科学技術大学院大学情報科学研究科テクニカルレポート JAIST Research Report: IS-RR-200-11
“AYAME: A design and implementation of the CoS capable MPLS layer for BSD Network stack”, Yojiro UO, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Satoshi Ohta, Yoichi Shinoda, 平成12年7月, INET2000, The 10th Annual Internet Society Conference, 18-21 July 2000, Pacifico Yokohama Conference Center Yokohama, Japan
“多層経路制御層型マルチキャスト配送のMPLSによる実現”, 小柏 伸夫, 宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, 平成12年9月, ソフトウェア科学会 イン ターネットテクノロジーワークショップ(WIT2000)
“配送機構の形式的記述スキーマの設計と多層経路制御層型アーキテ クチャを用いた配送層の実現”, 宇夫陽次朗, 小柏伸夫, 宇多仁, 篠 田陽一, 平成12年9月,日本ソフトウェア科学会, インターネットテクノロ ジーワークショップ(WIT2000), 2000年9月6日?2000年9月8日, 公立はこ だて未来大学
“多配送層フレームワークにおけるパケット品質制御可能ネットワー クモデルとMPLSを用いた実現”, 宇夫陽次朗, 小柏伸夫, 宇多仁, 篠 田陽一, 平成12年12月, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワー クショップ(DPS2000) 論文集
“多経路制御面型マルチキャストの設計と実装に関する考察”, 小 柏伸夫, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 篠田陽一, 平成12年12月, 情報処理学会 マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPS2000)論文集 情報処理 学会シンポジウムシリーズ, Vol.2000, No.15, pp.175-180
“マルチプロトコルラベルスイッチングを用いたマルチキャストに関 する研究 (修士論文)”, 小柏 伸夫, 平成13年3月, 北陸先端科学技術 大学院大学 修士論文
“MPLS/CR-LDPの実装”, 小柏伸夫, 平成13年3月, 九州 インター ネット プロジェクト 第3回 WG 会議
“解説・次世代インターネット研究開発の最前線, 10. 研究用MPLSシ ステムの開発と運用実験”, 宇夫 陽次朗, 宇多 仁, 小柏 伸夫, 平成 13年4月, 情報処理学会学会誌 情報処理,4,42,382-387
“BLAST-CAST: A bi-directional label switched multicasting”, Nobuo Ogashiwa, Yojiro Uo, Satoshi Uda, Yoichi Shinoda, 平成14 年5月, International Workshop on Communications Quality and Reliability (CQR2002), Sponsored by IEICE communication society and IEEE communication society, Student Paper Award
“細粒度SLA遂行のための多重フェーズLSP設定機構の設計と実装”, 宇夫陽次朗, 宇多仁, 小柏伸夫, 篠田陽一, 平成14年8月, 電子情報 通信学会 電子情報通信学会論文誌(和文B), Vol.J85-B, Num.8, pp.1191-1198
“MPLSマルチキャスト転送機構の設計と実装”, 小柏伸夫, 宇夫陽 次朗, 宇多仁, 篠田陽一, 平成14年10月, 情報処理学会, マルチメディア 通信と分散処理ワークショップ(DPS2002), 情報処理学会シンポジウムシ リーズ, Vol.2002, No.15, pp.239-244 北海道函館市
“MPLSにおけるIPv6転送機構の実装と運用”, 宇多仁, 小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 平成14年10月, 情報処理学会, マルチメディア通 信と分散処理ワークショップ(DPS2002), 情報処理学会シンポジウムシリー ズ, Vol.2002, No.15, pp.245-250 北海道函館市
“非同期到着する可変長パケットを処理する光遅延線バッファ多段構 成”, 小柏 伸夫, 原井 洋明, 久保田 文人, 篠田 陽一, 平成14年12 月, 電子情報通信学会 光スイッチング研究会光スイッチング研究会, ネッ トワークシステム研究会共催 2002年12月16日-17日, 愛媛県松山市松山市 民会館
“IPv6 support on MPLS network: Experiences with 6PE approach”, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Yojiro Uo, Yoichi Shinoda, 平成15 年1月, IEEE Computer Society, Proceedings of SAINT2003 workshops
“Method to Setup LSP using VLAN Tag Switching”, T. Kawakami, G. Velev, N. Ogashiwa, H. Ogawa, 平成15年2月, Internet Engineering Task Force, draft-kawakami-mpls-lsp-vlan-00.txt
“NP (Network Processor) を用いたMPLS LSRの実装”, 渡邊林音, 宇多仁, 小柏伸夫, 宇夫陽次朗, 篠田陽一, 平成15年5月, 電子情報通信 学会, 通信ソサイエティ, インターネットアーキテクチャ研究会(第一回 研究会)
“Method to Set up LSP using VLAN Tag Switching”, T. Kawakami, G. Velev, N. Ogashiwa, H. Ogawa, 平成15年6月, Internet Engineering Task Force, draft-kawakami-vlan-lsp-signalling-00.txt
“Design and Implementation of Overlaying Multi-Homing Architecture”, Satoshi UDA, Nobuo OGASHIWA, Ken NAGAMI, Kuniaki KONDO, Ikuo NAKAGAWA, Yoichi SHINODA and Hiroshi ESAKI, 平 成16年1月, IEEE Computer Society, Proceedings of SAINT2004 Workshops,165-172
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成16年3月, Internet Engineering Task Force, draft-nagami-mip6-nemo-multihome-fixed-network-00.txt
“インターネット上でのパス指向マルチキャスト通信に関する研究 (博士論文)”, 小柏 伸夫, 平成16年3月, 北陸先端科学技術大学院大 学 博士論文
“既設MPLS網への導入を考慮したMPLSマルチキャスト機構の実装と評 価”, 小柏 伸夫, 宇多 仁, 宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, 平成16年5月, 電子情報通信学会論文誌 インターネットアーキテクチャ小特集号 Vol.J87_D_I, No.5(20040501) pp. 544-552
“MPLS研究開発プラットホームAYAMEの設計・実装と拡張”, 宇多 仁, 小柏 伸夫, 宇夫 陽次朗, 篠田 陽一, 平成16年5月, 電子情報通信学 会論文誌,J87-D-I,5,536-543
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成16年7月, Internet Engineering Task Force, draft-nagami-mip6-nemo-multihome-fixed-network-01.txt
“多重ルーティング型マルチホームアーキテクチャの提案”, 宇多 仁, 小柏 伸夫, 永見 健一, 近藤 邦昭, 中川 郁夫, 篠田 陽一, 江崎 浩, 平成16年10月, 電子情報通信学会論文誌,J87-B,10, 1564-1573
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成16年10月, Internet Engineering Task Force, draft-nagami-mip6-nemo-multihome-fixed-network-02.txt
“Multi-stage Fiber Delay Line Buffer in Photonic Packet Switch for Asynchronously Arriving Variable-length Packets”, Nobuo Ogashiwa, Hiroaki Harai, Naoya Wada, Fumito Kubota, Yoichi Shinoda, 平成17年1月, 電子情報通信学会論文誌 IEICE transactions on communications Vol.E88-B, No.1(20050101) pp. 258-265
“小規模ネットワーク向けマルチホーム技術の紹介”, 小柏 伸夫, 平成17年1月, Japan Network Operators’ Group 第15回会合
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成17年3月, Internet Engineering Task Force, draft-nagami-mip6-nemo-multihome-fixed-network-03.txt
“Binding Identifier Extension for Mobile IPv4 “, Nobuo Ogashiwa, Kenichi Nagami, Ikuo Nakagawa, Satoshi Uda, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成17年7月, Internet Engineering Task Force, draft-ogashiwa-mip4-bid-extension-00.txt
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Nobuo Ogashiwa, 平成17年8月, 63rd Internet Engineering Task Force, NEMO Working Group, July 31-August 5, 2005; Paris, France
“Binding Identifier Extension for Mobile IPv4”, Nobuo Ogashiwa, 平成17年11月, 64th Internet Engineering Task Force, MIP4 Working Group, November 6-11, 2005; Vancouver, BC, Canada
“An Operational Demonstration of a Mobile Network with a Fairly Large Number of Nodes”, Keiichi Shima, Uo Yojiro, Nobuo Ogashiwa, Satoshi Uda, 平成18年1月, International Symposium on Applications and the Internet Workshop (SAINTW’06), pp.6-9, January 27, 2006.
“能動的環境適応型コンテンツ配信アーキテクチャの提案”, 中川 郁夫,永見健一,小柏伸夫,東正美,内田豊一, 平成18年1月, 電子情報通信 学会, インターネットアーキテクチャ研究会
“IPv6環境における攻撃検出回避とその対策”, 小柏伸夫, 衛藤将 史,中尾康二, 平成19年1月, 電子情報通信学会 情報セキュリティ研究専 門委員会 (ISEC)(SCIS 2008) 2008年 1月22日(火)-1月25日(金)
“Multi-homing for small scale fixed network Using Mobile IP and NEMO”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成19年5月, Internet Engineering Task Force, draft-nagami-mip6-nemo-multihome-fixed-network-04.txt
“Multihoming for Small-Scale Fixed Networks Using Mobile IP and Network Mobility (NEMO)”, Kenichi Nagami, Satoshi Uda, Nobuo Ogashiwa, Ryuji Wakikawa, Hiroshi Esaki, Hiroyuki Ohnishi, 平成19年6月, Internet Engineering Task Force, RFC 4908
“One-way Passive Measurement of End-to-End Quality “, Y. Kikuchi, S. Matsushima, K. Nagami, S. Uda, N. Ogashiwa, 平成19年7月, Internet Engineering Task Force, draft-kikuchi-passive-measure-00.txt
“One-way Passive Measurement of End-to-End Quality”, Y. Kikuchi, S. Matsushima, K. Nagami, S. Uda, N. Ogashiwa, 平成19年11月, Internet Engineering Task Force, draft-kikuchi-passive-measure-00.txt

社会活動

所属学会

WIDEプロジェクト (1999-)
研究用MPLSソフトウェア開発プロジェクト (1999-)
情報処理学会 (2000-)
次世代IX研究会 (2001-2007)
電子情報通信学会 (2003-)
次世代IX研究会コアメンバー (2004-2007)
WIDEプロジェクト エリアディレクター (2006-2007)
WIDEプロジェクト 2007 Autumn 研究会 研究会長 (2007)
Internet Conference 2008 プログラム委員 (2008)

(注)科目内容やゼミ内容は年度によって変更されます。ご了承ください。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp