トップページ  » 地域連携・研究情報  » 地域共生研究センター ご挨拶

地域共生研究センター ご挨拶

120年の想いを地域の皆様と

1888年(明治21年)に産声を上げた共愛学園の想いは、学園の名前となり、120年間受け継がれてまいりました。「共に愛する」 ――この想いを今日的に表現するならば「共に生きる」という社会的な課題に結びつくといえます。「共に愛し、共に生きる」ことを学びあい、共に育てることが共愛学園の理念です。 また、この120年間、共愛学園は一貫して上毛の地にて、この地域の皆様に支えられながら、教育・研究活動を続けてまいりました。まさに地域の皆様に育てられ、支えられてきた学園であるといえます。

この理念を柱とし、地域に支えられる学園の大学として、共愛学園前橋国際大学はこれまでも様々な機会を通して共生の社会づくりへの取組と、地域貢献・地域連携事業を展開してまいりました。特に本学の「男女共同参画学習センター」と「地域文化研究センター」はその中核をなす役割を果たしてきたものと自負しております。 この取り組みをより深化・発展させるべく、2008年4月にふたつのセンターを発展的に統合し、「地域共生研究センター」を開設いたしました。

より一層共生の社会づくりに向けての研究や取り組みにまい進するとともに、地域の皆様と大学との共生(連携)の窓口となり、さらには地域の皆様へ貢献できる事業を積極的に展開してまいりたいと存じます。

共生の社会を実らせることは、必ずしも容易な道のりではないかもしれません。しかし、地域の皆様と手を携えることができたならば、必ずやその道は開けるものと確信しております。どうぞ皆様のご支援ご助力をいただけますよう、また、当センターを覚えていただき、お声がけなどいただけますようお願い申し上げます。

地域共生研究センター長 
 野口 華世

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp