トップページ  » 地域連携・研究情報  » 地域共生研究センター 事業内容

地域共生研究センター 事業内容

地域共生研究センターでは、以下のような事業に取り組んでいます。

地域についての研究

本学は群馬県前橋市という地域に立地しています。また、本学に学ぶ学生の多くが県内出身者で占められ、卒業後も県内で活躍しています。地域の歴史や文化、課題などについて研究することは、地域の皆様に大学の研究成果をお伝えすると同時に、学生たちが「地域から学ぶ」という教育にもつながるのでとても大切なことです。

  • 「地域」の範囲としては、本学が位置している群馬県内を考えています。
  • 学内外の研究者や関係者とともに、群馬県の歴史や文化、課題などについて学んでいきます。
  • その成果を地域の皆様と共有するために、シンポジウムや公開講演会を開催します。
  • 前橋市の特色や課題について多方面から考察する『前橋学』の確立に向けて、研究を進めます。

共生についての研究

共生と共生社会

共生とは、さまざまに異なる個がそれぞれをよく知り、理解し、尊重しあう関係が成立していること、あるいは、そういう関係を創造しようとすることと考えます。そして、そうした関係で人びとがつながり、多様性と国際性を持つ、しなやかで人権感覚豊かな心地よい社会が共生社会であると考えます。 地域の一人ひとりの皆さんの多様な力と大学の力をあわせ、共生社会の実現をめざし行動するとともに、その道すじを共生研究として成し、地域に生きる・地域を創造する研究機関でありたいと思います。次のようなことをおこない、地域に生きる研究機関として機能していきます。

  • 地域の皆様の経験や知識・知恵と、大学の研究蓄積との相互交流を深めます。
  • 地域間・団体間の課題共有・ネットワーク化の促進します。
  • 共生関係づくり・課題解決のプロセス研究・関係性研究と知見を提供します。

子育て支援事業

「子ども」も、育てている「大人」も、一人の個人として大切にする支援を行います。 育児の孤立状態を解消し、性別にも年齢にもかかわりなく、みんなで負担や悩みを共有し育てていく、温かい子育て文化・地域を創っていきます。
具体的には「きょうあい子育てひろば」(3ステップ制)の実施、修了者のグループ活動支援などを行っています。また、今後は、社会状況および家族問題研究、子育て理論などの最新の知見による子育て支援者養成事業や、一時保育、交流のつどい、特殊保育、子育て相談なども実施いたします。

男女共同参画

男女共同参画社会づくりは、共に生きる社会づくりにとって最も重要なテーマのひとつであり、今日的、世界的な視野にたって取り組まれる社会的な課題であるといえます。
本学は、これまで「男女共同参画学習センター」を置き、このテーマに取り組んでまいりました。
その重要性改めて認識し、これまでの取り組みを継承しつつより発展させてまいります。

  • 男女共同参画に関する地域の皆様との学習機会を提供します。
    • 主催・共催をとわず講演会や講座等を開催します。
    • 学習機会(講演会・講座・研修など)の企画、講師紹介、講師派遣などのご依頼に応じます。
  • 男女共同参画に関する自治体、事業体等の施策形成に協力します。
    • 各種審議会・委員会等に人材を派遣したり、受託研究などを通して、男女共同参画施策形成に協力させていただきます。
  • 男女共同参画に関する研究に取り組みます。
    • 「共生社会に関する研究」という当センター事業の一環として、男女共同参画に関する研究を進めます。

地域連携

地域との連携の窓口

  • 地域連携に関する自主事業などの企画立案をします。
  • 各種団体、企業との共同研究、受託研究の窓口になります。
  • 各種委員会の委員の派遣の依頼にお応えします。
  • 学内の地域連携事業に関する情報を発信します。

学習のための施設設備の開放

講演会や学習会、研修会の会場として、本学主催に限らず、地域グループ等の自主活動にも本学の教室等の施設をご利用いただけます。( 利用料についてはお問い合わせください。)

生涯学習

地域の皆様へ公開講座や学習機会の情報を発信します。
生涯学習に関する教育や研究を行い、大学開放事業の推進や地域の関連機関との連携をはかります。
本学のホームページでもご案内しますので、受講したい講座がありましたらお気軽にお問い合わせください。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp