トップページ  » キャンパスライフ » 学生支援  » セクシュアルハラスメント防止

セクシュアルハラスメント防止

ガイドラインの制定と運用

セクシュアルハラスメントを防止するために、本学では「セクシュアルハラスメント防止ガイドライン」を制定、運用しています。

本学のガイドラインの目的や内容

本学のセクシュアルハラスメント防止ガイドラインの目的や内容は、ガイドラインの本文に項目別に記載されていますのでこちら(ガイドライン本文をご覧ください。

本学のガイドラインの特色 

本学のセクシュアルハラスメント防止ガイドラインの特色は次の点にあります。

  1. ガイドラインの作成プロジェクトチームに学生が正式のメンバーとして加わったこと。
  2. このことにより、学生の視点が十二分に反映され、また、被害者の救済や保護をより良く果たすガイドラインとなったこと。
  3. 男から女へというハラスメントだけでなく、女から男へ、あるいは同性間のセクシュアルハラスメントにも対応することを明記したこと。また、「ジェンダーハラスメント」や「アカデミックハラスメント」といった新しい概念にも対応することを明記したこと。
  4. ガイドラインの適用範囲を卒業生にも拡大したこと。
  5. 具体的な問題が生じていない段階でガイドラインを作成したこと。

ガイドライン制定・運用への経緯

1999年12月7日 ガイドラインの作成プロジェクトチームが発足。チームは、学内で公募した教職員と学生の男女7名(うち学生は2名)で構成。2000年度初めの制定を目指して原案作成作業を開始。
2000年4月19日 プロジェクトチームの最終案をスタッフ会議(大学教職員の全体会)で承認。理事会に報告。ガイドライン制定。2000年10月頃からの運用開始を目指して、セクシュアルハラスメント防止対策委員会の設置、関連規程の整備、相談員の任命と研修、学生も加わりリーフレット作成などの作業を開始。
2000年8月2日 専任スタッフ全員を対象に、セクシュアルハラスメント防止のための講習会を学内で開催。相談員の研修も実施。(いずれも講師は外部のフェミニスト・カウンセラー)
2000年10月1日 実質的な運用を開始。
2000年11月1日 学生・教職員にリーフレットを配布。チャペルアワーで学生に説明。運用開始。

リーフレット 

sekuharaガイドライン実施の一環として、リーフレット『STOP! セクシュアルハラスメント~防止・相談・救済~』が、学生および教職員全員に配布されています。(右上の写真) このリーフレットはガイドラインをわかりやすく解説したもので、セクシュアルハラスメントの様々な例や具体的な相談方法などが載っています。リーフレットの製作には、ガイドライン本文の作成と同様に学生が全面的に参加しており、学生の視点から、説明内容やデザインが工夫されています。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp