トップページ  » 新着情報  » 国際コースが卒業研究発表会を開催しました

国際コースが卒業研究発表会を開催しました

2月8日、国際コースのゼミに所属する4年生がKyoai Commonsで卒論発表会を行いました。
 
4年生は過去一年、卒業論文の作成とその発表会のために、日々努力してきました。特に10月から1月にかけては、卒論作成のために遅くまで図書館やコンピューター室に残り、作業する姿がよく見られました。年に一度の発表会は、自分たちが仕上げた卒業論文を限られた時間でわかりやすくプレゼンテーションする大事な場です。
卒業論文で扱われた地域は国際コースらしく様々で、テーマも多様でした。本年の卒業論文タイトル一覧は次のとおりです。
 
「日米安保体制の歴史と実態」「日本における韓国文化受容の背景〜女性たちが担った役割〜」「観光立国実現を目指して〜地方から見るインバウンド戦略〜」「第二次世界大戦の戦後処理〜慰安婦問題・教科書問題〜」「過疎地域の住民と学生による協働~みなかみ町藤原地区平出集落での地域づくり~」「日本の弁当を親しみあるものにするには?~思い出の味を世界へ~」「日本人にとっての愛国心~文化に対する知識・政治への意欲との関係性~」「日本におけるカジノの必要性〜ギャンブルによるスポーツ業界の分析〜」「台湾における親日考察」「アメリカにおけるミージカルの変遷〜ブロードエゥイを中心に〜」「文化教材としての絵本・童話の意義を考える〜ブルガリアに伝わる童話『КОСЕ БОСЕ』を題材とした絵本分析を通して〜」「来日する長期留学生の異文化理解〜本人とホストファミリーのインタビューを通して〜」「日本の少子化の現状と今後~フランスとの比較を通して~」「台湾旅行の魅力」「海外フィールドワークによる訪問国・日本に対するイメージの変化」「ベーシック・インカムの歴史と背景からみる日本での可能性」「群馬の交通のこれから〜タクシーの可能性について考える〜」「なぜ経済が発展していない国でも幸福度は高いのか〜日本とベトナムの比較を中心に〜」「日本人のハワイ観〜なぜ日本人はハワイが好きなのか〜」「台湾夜市文化研究」「ドラマから見る日本と海外の価値観の違い〜日常生活を中心に〜」「日中サービス業における接客態度とその評価」「多文化共生社会を考える~群馬県伊勢崎市の在留外国人をめぐって~」「人口減少社会における地域活性化~欧州との比較~」「中国と日本の民族習慣についての比較〜正月料理と行事を中心に〜」「現代韓国の漢字使用状況と国民の考え〜町歩きやアンケート調査から〜」「ライブストリーミングの可能性〜新しいエンターテイメントのかたち〜」「ファストファッションの光と影」「日本史から見る女性の社会的地位の変遷」「日本ブランドの台湾進出」「ビジネスにおけるデザインの重要性〜日本とアメリカの企業を事例として〜」「日本の食品ロス削減について~フードバンクという活動~」「EUの移民政策と課題」「歴史から見る台湾の国際関係」「これからの『まちづくり』と人々の対話の必要性〜日本の環境政策とデザインに特化して〜」「異文化理解の観点を用い、教師の立場から日本語教育について考える~伊勢崎市における日本語教育の現場から~」「つくられた親日〜日タイ関係を事例として〜」
 
発表会ではまた、来年度に卒論を書くことになる3年生が熱心に4年生の発表を聞き、質問し、メモをとる姿も印象的でした。発表会の後は、先生方からのコメントがあり、打ち上げパーティーが盛大に開かれました。卒業まで、もうあとわずかです。
 
国際コースについてはこちらをご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 
一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp