トップページ  » 大学での学び  » 資格サポート・課外講座

資格サポート・課外講座

夢の実現に向けて、「やる気」をきめ細かくサポートする多彩なプログラム。

英語検定や総合旅行業務取扱管理者など、様々な資格取得に必要な知識やスキルが身につく、資格取得対策プログラムが充実しています。通常の授業、または土曜日に開講されている課外講座で強力にサポート。時代の要請に応じ、新しい授業・講座も新設しています。

資格取得の例については、「就職支援:資格取得支援」のページでご紹介しています。

授業でサポート

TOEIC

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテスト。英語を必要とする企業やNPOなど、幅広い分野で英語能力評価の基準として重視されています。
対策授業●TOEIC TrainingⅠ・Ⅱ ほか

実用英語検定1級・準1級・2級

「聞く、話す、読む、書く」の4技能を、基礎知識から運用能力まで総合的に測るように構成されているTOEICと双璧の英語資格です。
対策授業●英検TrainingⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

中国語検定3級

中国語検定3級の認定基準は、「中国語文法の一般的事項をマスターしていて、簡単な日常会話ができ、基本的な文章を読み、書き、聞くことができること」。専門的に中国語を学べる「中国語インテンシブコース」を設け、実践的な中国語力を養成しています。
対策授業●中国語インテンシブコース

Microsoft Office Specialist

Microsoft Office Specialist (MOS)とは、ExcelやWordなどのアプリケーションソフトの利用能力を測る基準として、マイクロソフトが提供する資格認定制度。世界各国で実施されている実技試験を受けて、実務で求められるスキルを認定しています。
対策授業●文書作成技術特講 表計算特講

日商簿記2級・3級

簿記の知識は、企業の現在や将来の利益を計る財務諸表などを理解し、経営管理・経営分析を行うために必要とされています。
対策授業●簿記Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

日商電子会計実務検定

企業で導入されている会計ソフトを適切に活用できる人材の育成を図ることを目的とした検定試験です。
対策授業●電子会計

色彩検定

色のしくみ、色彩心理、色彩計画についての知識や技能を問う試験です。
対策授業●カラーとビジネス

情報処理技術者試験

情報処理技術者としての「知識・技能」の水準がある程度以上であることを認定する経済産業省認定の国家試験。「ITパスポート試験」、「基本情報処理技術者試験」について対策授業や関連授業を開講しています。
対策授業・関連授業●情報総合Ⅳ C言語 関係データベース特講 ほか

ピアヘルパー

資格。教育・福祉・保育などの場面で必要な、基本的なスキルを身につけた者であることが証明されます。
対策授業●心理学、臨床心理学 福祉と教育 ほか

パソコン検定(P検)

タイピング、知識、実技の3分野をまとめた総合的な検定試験です。大学での勉学の基礎スキルとして必要なため、4級については1年生全員が取得し、3級については情報・経営コース1年生全員が取得します。
対策授業・関連授業●情報演習・基礎 情報総合Ⅰ

学科規定の授業を履修することで取得できる資格

  • 小学校教諭
  • 中学校教諭(社会・英語)
  • 高等学校教諭(英語・地理歴史・公民・情報・商業)
  • 社会福祉主事任用資格
  • 児童指導員任用資格(小・中・高教員取得者のみ)
  • 日本語教師(本学認定資格)
  • 児童英語教師(本学認定資格)

国内留学プログラム

共愛学園前橋国際大学は、各種資格取得において非常に高い実績を誇る学校法人有坂学園中央情報経理専門学校との間に、「教育研究連携・交流に関する覚書」を取り交わしています。この連携協定を基礎として、国内留学プログラムが用意されています。

国内留学プログラム

国内留学プログラムとは、本学の学生が、中央情報経理専門学校へ一定期間通学し学習することを言います。次の4プログラムが用意され、本学2年生のうち希望者が、中央情報経理専門学校の税理士会計学科四年制(高度専門士)において受講することになります。

  • (ア)税理士科目プログラムA:「法人税法・財務諸表論」または「相続税法」を選択し受講
  • (イ)税理士科目プログラムB:「消費税法」を受講
  • (ウ)簿記プログラムA:1年間、日商簿記1級取得をめざして学習 
  • (エ)簿記プログラムB:半年間、日商簿記2級取得をめざして学習

プログラムへの参加期間は本学の在籍期間として認められ、それぞれのプログラムに参加することにより、本学より単位が認定され、卒業単位に加算することができます。つまり、休学などせずに4年間で大学を卒業することを可能にしたダブルスクール制度ということになります。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp