トップページ  » 新着情報  » 【国際コースと地域連携シリーズ No.11】 講演「群馬県における中国残留孤児・残留婦人」(講師:松永守男さん・日中友好協会群馬支部支部長)を開催しました!

【国際コースと地域連携シリーズ No.11】 講演「群馬県における中国残留孤児・残留婦人」(講師:松永守男さん・日中友好協会群馬支部支部長)を開催しました!

1月17日、本学において、講演「群馬県における中国残留孤児・残留婦人」が開催されました。「国際コースと地域連携シリーズ」としては第11回目となります。ゲスト講師は松永守男さん(伊勢崎市役所市民部国際課)です。講演には「中国現代事情」履修者のほか、本学希望者らが参加しました。

講演ではまず、中国残留孤児・残留婦人の概要について、歴史的な背景と共に説明頂きました。次に、1940年代に満州へ渡り、敗戦後に残留婦人となった霜鳥フクさんの経験を、入植(渡満)から敗戦時における避難の様子、八路軍での看護の経験、日本への帰国まで、具体的な出来事を交えて、お話頂きました。

学生たちは、霜鳥さんの体験に耳を傾け、追体験する中で、当時の様子を知り、そしてまた戦争の無残さや人権の大切さ、望ましい日中関係・友好のあり方などについて想いを馳せました。

貴重なお話を聞かせて頂いた松永さんに、この場をお借りして、心からの感謝を申し上げます。

※本講演は、国際コース全体で取り組んでいるプロジェクト「群馬県伊勢崎市における『多文化共生社会』の現実に学ぶ〜本学と地域NPOとの連携を通して〜(代表:西舘崇)」によるもので、本学の「地(知)の拠点整備事業」地域志向教育研究の一環として行われたものです。

 

 

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp