トップページ  » 大学からのお知らせ » 新着情報  » 【国際コースと地域連携シリーズ⑥】講演「外国人の人権について~群馬における諸事例から考える~」(講師:下山順さん)を開催しました!

【国際コースと地域連携シリーズ⑥】講演「外国人の人権について~群馬における諸事例から考える~」(講師:下山順さん)を開催しました!

7月21日、本学において、講演「外国人の人権について~群馬における諸事例から考える~」が開催されました。「国際コースと地域連携シリーズ」としては第6回目となります。ゲスト講師は下山順さん(群馬弁護士会弁護士)です。講演には「政治学入門」の履修者他、希望者が参加しました。

はじめに、現在日本にいる外国人の在留資格制度の特徴の話があり、在留外国人の人数と国籍別の数、在留資格別の推移にふれ、2006年末の約208万人から2016年末には約238万に増加している現状について話されました。とくに多い中国人、韓国・朝鮮人、ブラジル人、そして近年急増しているベトナム人の在留者の在留の経緯、などに触れました。

さらに、群馬における外国人(約5万人)の人権問題について、国籍別、在留資格別の数字をあげ、弁護士として外国人からの具体的な相談内容を紹介されました。具体的には犯罪による在留資格の取り消し、素行不良による在留期間不更新、在日4世の問題、ベトナム人の技能実習生問題などを指摘されました。

最後に日本国憲法が保障すべき外国人の人権について話され、多文化共生社会を目指すのであれば、外国人の尊厳を守り、制度的に外国人の人権を保障する日本社会を作ることが大切である、と強調されました。学生も真剣に聞いていました。

下山さんにお礼を申し上げます。

 

 

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp