トップページ  » 大学からのお知らせ » 新着情報  » 共同開発商品『小切古味~おっきりこみ~』新発売について

共同開発商品『小切古味~おっきりこみ~』新発売について

株式会社みまつ食品(前橋市上大島町)は、共愛学園前橋国際大学(前橋市小屋原町)の学生グループと共同開発した『小切古味~おっきりこみ~』を、インターネット(餃子工房RON および楽天店yahoo!店)と工場直売店「餃子工房RON」(前橋市野中町)にて、3月1日(水)より販売を開始させていただきます。

本商品を開発するきっかけは、授業「バーチャルカンパニー」の一環で立ち上げた仮想企業『上龍軒』(2年生2名、1年生3名のグループ)の「食されなくなってきている郷土料理おっきりこみを全国に羽ばたかせたい」という想いからでした。そこで、学生たちは群馬県の「おっきりこみプロジェクト」に協力を依頼。おっきりこみの歴史を学び、商品開発のヒントにしました。そこで考案・開発したのが、小籠包の製法を利用し、皮の中におっきりこみの具と汁を閉じ込めた、本商品『小切古味~おっきりこみ~』です。この取組みの成果を発表した『第16回ユースエンタープライズ トレードフェア』では、地域コミュニティーに貢献度が最も高かったチームに贈られる「京都経済同友会賞」を受賞しました。

【共同開発商品のこだわり】
1.「群馬県産の小麦粉」…郷土料理としてのおっきりこみを忠実に再現するために群馬県産の小麦粉を使用。群馬県の粉食文化のPRも兼ねています。
2.「具材は野菜のみ」…具材に肉を使わずにあえて野菜のみにすることで伝統的なおっきりこみの味を再現。さらに、ヘルシーさも実現させています。
3.「1つで2つの味を堪能」…味噌ベースの味にしてありますが、醤油をかけるとまた違った味わいに。味噌味と醤油味の2種類のおっきりこみの味を意識しました。
4.「パッケージデザイン」…パッケージは共愛学園前橋国際大学の校舎をイメージし、落ち着いたデザインに。商品名の字体も商品をイメージした丸みを帯びたものにしました。

【販売価格】
12個入り 1000円(税抜) 
※販路に関しては、今後、順次拡大していく予定です。

<問合せ先>
共愛学園前橋国際大学 教授 兼本 雅章 TEL:027-266-7575 FAX;027-266-7596
株式会社みまつ食品 開発部長 古澤 篤志 TEL:027-261-2534 FAX:027-263-2396

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp