トップページ  » 新着情報  » カンボジアを訪問しました(国際コース)

カンボジアを訪問しました(国際コース)

2014年12月7日から14日の1週間、国際コース新井ゼミ3年生の11名が、新井健一郎先生と、カンボジアを訪問しました。

 

Cambodia

  国際コースでは、4年間で学生が身につける「国際力」の一つとして、実践的な「旅する力」を重視しています。このゼミ旅行では、目的地の決定、旅のプラン、航空券やホテルの予約、手配、旅の実施まですべてを学生が行いました。また、事前に旅行先であるカンボジアについても学習をしてきました。ここでは、旅の様子を少しだけ紹介します(国際コースについて詳しくは、こちらをご覧ください)。

 12月7日、成田空港に集合し、出発です。上海で乗り継ぎの後、シェムリアップについた時は、すでに真夜中でした。

IMG_0191

シェムリアップは、世界中から観光客が集まる、美しく活気のある町です。

IMG_0603

 アンコールワット、アンコール・トムなどを見学しました。巨大な遺跡と観光客の多さに圧倒されました。少し遠くまで足を伸ばし、廃墟となった遺跡、ベンメリアも訪問しました。

IMG_0320   IMG_0517

 

 シェムリアップ郊外のアキラ地雷博物館を訪問しました。この博物館は、長い内戦時代、少年兵にさせられ地雷も埋めてきたア・キラさんが、内戦終結後、たった一人で地雷撤去をしながら立ち上げたものだそうです。 

IMG_0204

東南アジア最大の湖、トンレサープ湖で船にのりました。水上集落を抜けて沖にでると、海のような広大な水平線が広がっていました。

IMG_0567

12月11日、飛行機で首都プノンペンへ移動しました。

IMG_0643

 首都プノンペンは、メコン川の岸に作られた美しい街です。王宮や博物館などあちらこちらを廻りました。

IMG_0666 IMG_0673

  カンボジアも、近年の経済成長により、高所得の人々は多彩な商品を求めるようになっています。近年にオープンしたばかりのジャスコを見学しました。

IMG_0785

 1970年代後半に政権を掌握した際に国民の大虐殺を行ったクメール・ルージュ(カンボジア共産党)の大量処刑場跡地、そしてS21強制収容所の虐殺博物館を訪問しました。ここでは余計な言葉は不要です。

IMG_0800  IMG_0809

    引率される立場から、自分たちで企画・実行する立場になることで、参加したゼミ学生は多くのことを学びました。また、学習した内容の一部は、今後卒業論文などに活かされていきます。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp