トップページ  » 新着情報  » 地域史研究でフィールドワーク(大室古墳群)を実施

地域史研究でフィールドワーク(大室古墳群)を実施

10月14日(火)2限、地域史研究の授業で、フィールドワークとして大室古墳群を訪れました。前々日から大型台風19号が近づき、実施が危ぶまれましたが、当日は台風一過で無事に見学することができました。

学生たちは前週に3つの班に分かれて、古墳の見所を話し合いました。当日もその班ごとに、「古墳(つか)の語り部」という大室古墳群のボランティアガイドのみなさんに説明していただきながら、前二子古墳・中二子古墳・後二子古墳・小二子古墳を巡りました。前二子古墳と後二子古墳は実際に石室に入ることもでき全員中に入って見学しました。ほかにも中二子の大きさに驚き、小二子古墳の埴輪の列に圧倒されました。学生たちはみな「古墳の語り部」のみなさんのお話に熱心に耳を傾け、時にはメモをとりながら学びました。

翌週の事後学習では、自分が感じたことなどを発表し合い、ディスカッションを行いました。自分の意見を発表したり、他の人の意見を聞くことによって、視点や見解の幅が広がりました。フィールドワークを通じて、座学では経験できない、歴史を実際に見るという体験のすばらしさを、学生たちはそれぞれに感じ、考えることができました。

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp