トップページ  » 大学での学び » 国際コース  » 謝 志海 (シャ シカイ) (Xie Zhihai)
国際コース

謝 志海 (シャ シカイ) (Xie Zhihai)

■准教授

■主な経験

北京大学国際関係学院 博士後期課程修了

早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 博士後期課程単位取得退学

(ダブル・ディグリー プログラム)

日本国際交流基金 ビジティング研究フェロー

アジア開発銀行研究所 リサーチ・アソシエイト

2013年4月~2017年3月 共愛学園前橋国際大学 専任講師

2017年4月より 現職

■学位

博士(国際関係学)

 

専門分野・研究テーマ

国際政治経済、異文化交流、宗教と国際関係、アジア太平洋の国際関係、中国政治外交

 

担当科目

Global Leadership; Multicultural Understanding; Multicultural Communication; Team-Based Learning; Problem-Based Training; Academic Writing;国際社会の諸問題I、II;海外フィールドワーク(ハワイ);基礎演習;課題演習;卒業研究

 

担当科目の紹介

【Multicultural Understanding&Communication

授業はオール・イングリッシュのアクティブ・ラーニングの形で行われ、学生も英語でディスカッション・発表をします。グローバル化の急速な進展により、多文化間の相互理解と交流は必要不可欠な時代がやってきています。よって、通年に渡り多文化を学ぶべく、前期は多文化理解、後期は多文化コミュニケーションに重点をおき、1年後には国際人としてコミュニケーション可能なレベルへ到達します。講義では、まず多文化主義から紹介し、カルチャーショック、言語、人種、宗教、移民、性別等の様々な文化要素を考察します。また、地域別に、アメリカ文化、中国文化、東南アジア文化、ヨーロッパ文化等も講義し広い視野を養えるようにします。生徒には自分で多文化におけるトピックを選び、研究発表してもらいます。

Team-Based Learning

授業はオール・イングリッシュのアクティブ・ラーニングの形で行われ、学生も英語でディスカッション・発表をします。チームでさまざまなテーマについて学びながら、与えられた課題を取り組んでいきます。テーマの分野:国際問題、社会問題、経済問題。これらの課題をチームで取組むことによって、分析力、問題解決能力、プレゼンテーションのスキルを生徒同士で高めます。

ゼミナール

テーマは「グローバル社会の中のソフト・パワー」です。ソフト・パワーとは経済力、軍事力といったハード・パワー以外の、文化、技術力、教育、価値観等のソフトな分野からもたらされた影響力のことです。例えば、「クール・ジャパン」と言われる日本のポップカルチャーの力、アメリカの教育システムの魅力、日本のものづくりの技術力、等々。ゼミ生は日本だけでなく、国際社会における幅広い範囲のソフト・パワーを考えながら、自分の好きなテーマに絞って研究調査・発表を行います。

 

主な業績

学術論文:

  1. 1, “China’s Rising Maritime Strategy: Implications for Its Territorial Disputes”, Journal of Comtemporary East Asia Studies, Volume 3, No. 2, 2014, PP111-124. (英語)査読付き
  2. 2,  “The Rise of China and Its Growing Role in International Organizations” (『中国の台頭と国際機構における中国の拡大する影響力』), Journal of Contemporary China Studies, International Center for Chinese Studies, Aichi University (愛知大学国際中国学研究センター、「ICCS現代中国学ジャーナル」), Volume 4, No. 1, 2011, PP. 85-96.(英語)査読付き
  3. 3, 『宗教とアメリカ外交政策』、中国太平洋学会誌「太平洋学報」、2010年6月、第6号、32-39頁。(中国語)査読付き
  4. 4, “Christian Boom in Occupied Japan: Seen from American Occupation Policy” (『占領期日本におけるクリスチャン·ブーム:アメリカの占領政策から見る』)、Journal of the Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University (「早稲田大学アジア太平洋研究科論集」)、No.18, September 2009, PP. 289-310. (英語) 査読付き

 

研究ノート:

『中国のアフリカ政策:FOCACの役割を中心として』、共愛学園前橋国際大学論集17号、2017年5月、PP.105-117。(日本語)

新聞論説等:

ジャパン・タイムズ(英語)

  1. “Mutual Fears of China, Japan”, the Japan Times, February 10, 2014.
  2. “Chinese Democracy Gets Help”, the Japan Times, August 25, 2013.
  3. “Understanding China’s Maritime Aspirations”, the Japan Times, July 2, 2013.

 

朝日新聞AJWフォーラム(英語)

  1. “Historical reconciliation will lead to a common East Asian identity”,the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, September 30, 2015.
  2. “Geostrategic needs push old allies Russia and China closer”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, June 18, 2014.
  3. “The rationale behind China’s decision to establish the National Security Council”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, May 21, 2014.
  4. “Punishing the ‘Tigers’ and ‘Flies’: China’s Anti-Corruption Campaign”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, February 5, 2014.
  5. “Negative China-Japan mutual images need to be repaired”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, November 8, 2013.
  6. “Park’s Visit to China Underlines Changing Balance of Power in East Asia”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, August 27, 2013.
  7. “East Asian Leaders Should Promote Summit Diplomacy within the Region”, the Asahi Shimbun, Asia & Japan Watch Forum, July 9, 2013.

 

東アジアフォーラム(East Asia Forum)(オーストラリア国立大学)(英語)

  1. “Decoding Likonomics”, East Asia Forum (Australian National University), August 8, 2013.
  2. “Japan and China Compete for African Markets”, East Asia Forum (Australian National University), June 22, 2013.

その他

12.『ソフト・パワーと政治的リーダーシップ:日本の国際貢献の新しい方式を探る』、「朝日新聞」オンライ、2009年12月17日。

翻訳著書

  1. 堤 未果 著、「ルポ貧困大国アメリカ」I、II(《贫困大国美国》)、 第4-10章、北京科学技術出版社、2010年6月。 (日本語から中国語へ)

 

学会発表講演等:

  1. 「中国政府主導のチャイナタウン建設計画に関する一考察:ドバイのドラゴン・マートをじ事例に」、アジア政治経済学会春季大会、一橋大学、2017年6月24日。
  2. “Heightened Threat Perception between China and Japan”, International Studies Association Asia-Pacific Conference, Hong Kong City University, June 25-27, 2016.
  3. “Barrier to Historical Reconciliation: Gap between Japan’s and China’s War Memories”, Japan Studies Association annual meeting, Honolulu, Hawaii, January 8-9, 2016.
  4. 「中国のアフリカ政策:FOCACの役割を中心として」、アジア政治経済学会全国大会、立教大学、2015年6月13-14日。
  5. 「中国の海洋大国戦略及び領土紛争への影響」、日本国際政治学会年度大会、福岡、2014年11月14-16日。
  6. “China’s Rising Maritime Strategy: Implications for Its Territorial Disputes in the Seas”, International Studies Association annual meeting, Toronto, March 26-29, 2014.
  7. “Japan Factor in US-China Relations: The Case of Diaoyu/Senkaku Islands Dispute”, US-China Education Trust American Studies Network (USCET-ASN) 10th Anniversary Meeting, Hong Kong University, Hong Kong, November 15-17, 2013.
  8. “Divergent US-China Security Perceptions on North Korea Issue”, Korean Political Science Association Conference, Korea University, Seoul, August 22-23, 2013.
  9. 「アセアン 2030:地域経済統合の目標と挑戦」、笹川平和財団、東京、2012年5月23日。
  10. 「国際機構における中国の拡大する影響力:その歴史の変遷」、愛知大学国際中国研究センター年度シンポジウム、愛知大学、2010年12月5日。
  11. “The Changing Images of U.S. and China toward Each Other and How They Influenced Sino-American Relations”, 16th ACPSS (Association of Chinese Professors in Social Science) Conference, Harvard University, Boston, November 6, 2010.
  12. “China’s Changing Perception of U.S.-Japan Military Alliance after 9.11 and Security in Asia-Pacific”, Annual Conference of International Security Studies Section of International Studies Association, Providence, U.S., October 15, 2010.
  13. “Christianity and MacArthur’s Occupation Policy towards Japan 1945-1952”, Annual Conference of ASPAC (Asian Studies on the Pacific Coast), Portland State University, Portland, US, June 18, 2010.
  14. “How Religion Influences American Foreign Policy”, Joint Summer Institute by Fudan University and Institute on Culture, Religion & World Affairs, Boston University, Fudan University, Shanghai, June 10, 2010.
  15. “U.S.-Japanese Relations and the Christian Boom in Occupation 1945-1952”, 13th Harvard East Asian Society Graduate Students Conference, Harvard University, Boston, February 27, 2010.
  16. 「ソフト・パワーと政治的リーダーシップ:日本の国際貢献の新しい方式を探る」、朝日新聞社·慶応義塾大学共同シンポジウム、慶応義塾大学、東京、2009年11月23日。

 

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp