トップページ  » 入学案内  » 130周年記念特別特待生入試

130周年記念特別特待生入試

― 優秀な人材を募り、将来のリーダーを育成 ―
共愛学園が今年2018年に130周年を迎えることにちなんだ特別な入試です

■初年度150万円、2年時以降100万円を給付。自宅外通学者には更に年間50万円の生活援助費を給付(最大4年間/継続審査あり)
■合格者の手続期間は国公立大学の後期合格発表後2019年3月22日(金)まで猶予(手続時には入学金を納入)

出願資格

2019年度大学入試センター試験【1月19日(土)・14日(日)実施】を受験した者で次の1~3に該当する者

1.高等学校(中等教育学校を含む)を卒業した者、および2019年3月卒業見込みの者
2.通常の課程における12年の学校教育を終了した者、および2019年3月修了見込みの者
3.学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められた者、および2019年3月31日までにこれに該当する見込みの者で2019年4月1日までに18歳に達する者

募集定員

  前期 中期 後期
国際社会専攻 4名(センター試験利用入試募集定員に含む)
地域児童教育専攻
 
出願期間
試験日
合格発表
前期
2019年1月10日(木)~1月31日(木)
※本学独自の試験はありません。
2019年2月9日(土)
中期
2019年2月5日(火)~2月20日(水)
2019年3月2日(土)
後期
2019年2月22日(金)~3月12日(火)
2019年3月16日(土)

※出願書類は出願期間内に届くよう郵送するか、窓口(土日・祝日を除く午前9時~午後5時)に持参すること【必着】

※この入試に出願すると自動的にセンター試験利用入試と併願になります(センター試験利用入試の検定料は必要ありません)小・中学校教職特待として採用されなかった場合は、センター試験利用入試において再度選考され、その成績により入試特待の適用や合格基準に達している場合には入学資格を取得できます。

※得点が選考基準に達しない場合は、募集定員を下回ることもあります。
※募集定員に達した場合、その後の入試を実施しないこともあります。

 手続期間

 
手続期間
前期
130周年記念特別特待生:2019年2月9日(土)~3月22(金)
センター試験利用入試合格者:2019年2月9日(土)~2月20日(水)
中期
130周年記念特別特待生:2019年3月2日(土)~3月22日(金)
センター試験利用入試合格者:2019年3月2日(土)~3月8日(金) 
後期
2019年3月18日(月)~3月23日(金) 

入学検定料

10,000円

 

選抜方法

3教科3科目500点満点(必須:国語200点・外国語「英語」200点)

教科

科目

備考

国語 「国語」古文漢文を含む ・英語はリスニングを含めて200点に換算

・『地歴・公民』で2科目受験している場合は、第1解答科目の成績を使用

・『数学』で2科目受験している場合は、高得点の科目の成績を使用

・『理科①』『理科②』を受験している場合は、高得点の科目の成績を使用

・『理科』で「物理」「化学」「生物」「地学」を2科目受験している場合は、第1解答科目の成績を使用

・『地歴・公民』『数学』『理科』で3教科以上受験した場合は高得点の1教科を使用

地歴・公民

「日本史B」「世界史B」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理、政治経済」から1科目
数学 「数学I」「数学I・数学A」「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」から1科目
理科 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」から2科目または「物理」「化学」「生物」「地学」から1科目
外国語 「英語」
 ※理科の「基礎を付した科目」は2科目を合計して1科目とする

■入試に関するQ&A・・・詳細
■奨学金について・・・詳細
大学入試センター

大学入試センター試験過去問題

下記のサイトから大学入試センター試験の過去問題をダウンロードすることができます。
http://school.js88.com/sd_article/dai/dai_center_data/jsc_centerEx.htm

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp