トップページ  » 大学からのお知らせ

大学からのお知らせ

共愛学園前橋国際大学では、以下の概要で「グローカル人材フォーラム」を開催いたします。このフォーラムでは、本学が取り組んできた「地域に必要とされるグローカル(Global+Local)人材育成」の成果をお知らせするとともに、日頃これらに関わるプログラム等に取り組む学生の姿をお見せできる機会と思っています。ぜひご参加ください。

<概要>
●日時 : 2017年3月28日(火) 15:00~17:30(開場14:30)
●会場 : 共愛学園前橋国際大学 1号館1101 チャペル
●参加費: 無料
●定員 : 先着200名 ※事前にご応募頂いた方が優先になります。
●プログラム
①大学の取り組みについて
②地域志向研究報告 
・オープンデータの活用による前橋市の活性化に関する研究 
・オール前橋魅力発見プロジェクト
・学生による地域(商店街)再生の実現可能性調査研究プロジェクト 
・“地域づくり事典”つくりⅡ
・高大連携コラボゼミによる高校生のライフデザイン学習に関する研究
・「地域人材としてのキャリア教育」に向けた基礎的データの収集
・本学周辺にあたる中世石造物の研究
・ぐんま方言フェスティバルプロジェクト2016
③本学学生の取り組み紹介  
・海外研修サポートインターン  
・海外教育研修  
・ミッショングローバル研修  
・長期インターンシップ  
・Mキッズサミット

☛申込みはメールもしくはFAXにてお申込みください。
◆メール申込み:以下の情報を記入し、メールを送信してください。
 E-mail:sympo@c.kyoai.ac.jp (お申込み専用アドレス)
・件名に「フォーラム参加申し込み」とご記入ください。
・お名前(ふりがな)
・ご職業(会社員の方は会社名・所属、学生の方は学校名)
・連絡先メールアドレス

◆FAX申込み:フォーラムご案内チラシ(PDF)に必要事項を記入し、FAXを送信ください。
 FAX:027-266-7584
 ※皆さまからいただいた個人情報は、本学が主催する本フォーラム、セミナー、
  アンケート等の送付に利用させていただきます。
  利用目的の範囲内で適切に扱うものとし、法令で定められた場合を除き、
  第三者には提供いたしません。

★詳細はこちら(フォーラムご案内チラシ)をご覧ください。

*写真は昨年度のフォーラムの様子です。
 

 

前橋市永明公民館、城南公民館と共愛学園前橋国際大学では、地域の方を対象に初心者向けの『パソコンはじめて講座』を開催しました。
本講座では、本学の学生が講師を務めています。
全5回のコースを終え、参加者からは「学生さんが親切丁寧に教えてくださり少しずつ操作ができるようになりました」「講座後もPC練習をして操作の向上に努めたいです」といったお言葉をいただきました。

 

 

この度、共愛学園前橋国際大学(学校法人共愛学園)は、松本大学(学校法人松商学園)と連携して相互の交流と協力を促進し、両大学の教育研究機能の向上及び人材育成や各々の地域の活性化と課題解決に取り組み、もって互いに「地(知)の拠点」としての使命を果たすことを目的として大学間連携協定を締結いたしました。
松本大学は長野県松本市に所在し、長い間、地域連携による人材育成に取り組んできた大学として全国的に有名です。本学同様、文部科学省の「地(知)の拠点」に選定され、先駆的な取組を実践されています。また、全国の大学から学生を募り地域連携フォーラムなども開催されおり、本学の学生も何度か参加し、学生同士の交流を深めてきました。加えて、教職員同士も往来し、互いの良い取り組みを学び合ってきた仲にあります。今後は、その関係をより密にして、地域人材育成拠点として共に協力していくこととなります。また、今回は県を超えての連携となり、全国的にも珍しい大学間協定となるでしょう。

  

2017年2月17日(金)16:00~18:30 「第4回地域人材育成協議会」を行いました。
全4回に渡り開催してきたこの協議会も、今年度最後の開催となりました。
高校、企業・団体、自治体合わせ24名の方にご参加いただきました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

詳細は、GLOCAL PROJECT COC のページでご確認ください。
     ↓
   http://coc.kyoai.ac.jp/news/newstopics/2017/02/21/4712.html

平成29年2月14日 本学4号館にて、H28年度「長期インターンシップ報告会」を行いました。
今年度は、2年生4名・3年生4名の計8名の学生が4ヶ月の長期インターンシップに取組みました。
今回インターンシップ生を受入れて下さったのは、前橋市ごみ減量課・まちなか再生室・選挙管理委員会・市立図書館、一般財団法人サンデン環境みらい財団、エアムーブ住宅・司建設株式会社、NPO教育支援協会北関東、日本赤十字社 前橋赤十字病院の皆さまです。

詳細は、GLOCAL PROJECT COC のページでご確認ください。
       ↓
   http://coc.kyoai.ac.jp/news/newstopics/2017/02/20/4694.html

2月11日土曜日に本学にて第15回高校生ホームページコンテスト決勝大会が行われました。

今大会は190作品、271名の応募があり、北海道から福岡まで全国各地の高校からご応募いただきました。年末年始に行われた予選を勝ち抜いた11作品が決勝大会でグランプリを競い合いました。

グランプリに輝いたのは岐阜県立岐阜総合学園高等学校マルチメディア部。「岐阜の魔よけ」と題した作品は、古くから民衆に親しまれてきた「魔よけ」を、若者や後世の人たちに伝えたいという思いで作られています。

コンテスト結果発表

 

 

 

 

 

なお、高校生ホームページコンテストは今大会をもちまして、最後の開催となります。

本コンテストは、2002年に、高校でのホームページの利用開始をふまえて初開催し、15年間にわたり、学校や家庭でのインターネット利用の拡大とともに歩んでまいりましたが、最近のインターネットにおけるコミュニケーション技術の多様な発展に伴い、その役割を終える時期にきていると判断した結果となりました。

15年の間に応募してくださった約3000人の高校生の皆様、ご指導くださった高校の先生方、審査員の皆様、後援・協賛各社の皆様、そしてコンテストにかかわってくださった皆様に、深く御礼申し上げます。まさに皆様とともにつくり成長した15年間のコンテストでした。皆様の今後のご活躍をお祈りするとともに、重ねてお礼申し上げます。

今後も、本学は、有為な人材育成に努めてまいりますので、変わらぬご指導を賜りますようお願い申し上げます。

 

地域児童教育研究会(重田友美会長)では、共愛学園前橋国際大学3号館において第1回大会を開催いたします。

地域児童教育研究会(以下、本会という)は、2015年10月に本学の地域児童教育専攻開設10周年を機に発足しました。本会は、国際社会、地域、教育及び文化等の研究を深めるとともに、会員相互の親睦を図ることを目的としています。

第1回大会の日程は以下のとおりです。

1 テーマ 「これからの学校教育のあり方について考える」

2 期 日  平成29年3月25日(土)

3 時 間  受付     12:30~13:00

       基調講演   13:00~14:00

              「小学校学習指導要領の改定ポイントとこれからの体育授業」(仮)

            講師:岸 一弘(本学国際社会学部地域児童教育専攻児童教育コース教授)

       研究発表会  14:30~16:30

       定期総会   16:30~17:00

       懇親会    (前橋市内予定)

4 参加費  無料(ただし、懇親会会費は別途)

     *群馬県内外の教職員及び大学院生・大学生・一般の方も臨時会員として参加可能です。

5 参加申し込み締め切り  平成29年3月4日(土)

6 参加申し込み、問い合わせ先   zidou10@c.kyoai.ac.jp   Eメールでお願いいたします。

 

 

本学を会場に第17回群馬現代史研究会を開催いたします。
 
■日 時  2017年3月11日(土)午後2時~5時
■場 所  共愛学園前橋国際大学 3号館3階 会議室(3301教室)
      (前橋市小屋原町1154-4 JR駒形駅から徒歩10分、駐車場がございます)
■報 告  石山 幸弘 氏(群馬県立女子大学非常勤講師)
■テーマ  「大逆事件と群馬―東北評論からの出発」
■参加費 無料
 
<お問い合わせ先>

共愛学園前橋国際大学 地域共生研究センタ-(担当:見目)                          TEL:027-266-9060   FAX:027-266-7576

みなさまのご参加をお待ちしております。

『サンデー毎日2017年2月5日号』にて「文部科学省支援事業採択ランキング」が公表され、共愛学園前橋国際大学は採択件数6件で、私立大学で6位でした。
本学が採択された支援事業は以下の6件です。
 ・グローバル人材育成推進事業
 ・地(知)の拠点大学による地方創生推進事業
 ・大学教育再生加速プログラム
 ・私立大学等改革総合支援事業
 (タイプ1教育の質的転換、タイプ2地域発展、タイプ4グローバル化)

なお、私立大学6位までの順位は以下の通りです。 *( )内は採択件数
 1位(9) 芝浦工業大学
 2位(8) 金沢工業大学
 3位(7) 上智大学、関西学院大学、福岡工業大学
 6位(6) 共愛学園前橋国際大学、創価大学、東京電機大学、早稲田大学、
       京都外国語大学、関西大学

   

1月19日(木)太田市立太田高等学校で『県内私立5大学合同シンポジウム』を開催しました。
共愛学園前橋国際大学、関東学園大学、上武大学、高崎商科大学、高崎健康福祉大学の大学生5名が、高校2年生約100名に各大学の特徴や大学で経験したこと、成長したことをプレゼンテーションしました。

共愛学園前橋国際大学と太田市立太田高等学校は、キャリアデザインをメインテーマとして高校生と大学生の交流を図り、県内大学の理解と魅力を深めると共に、高校生のキャリア意識への興味関心を高めることを目的とし、高大連携事業を行っております。
本事業では、キャリアデザインに関する講義や大学生との交流を通して、高校生を対象に自分自身のキャリア(就職・進路)について考える学習や交流の機会を提供しています。
本シンポジウムは高大連携事業の一環として開催いたしました。
群馬県の大学が集合することで、群馬で学ぶことにより現実感を持ってもらい、地方創生に寄与することを目的としています。

 

一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp