トップページ  » 大学からのお知らせ

大学からのお知らせ

地域児童教育専攻児童教育コースの卒業生及び在学生ならびに教職員を主会員とする研究会『地域児童教育研究会』の第1回研究発表会が、3月25日(土)、本学で開催されました。当日は、「これからの学校教育の在り方について考える」というテーマのもと、岸一弘教授による基調講演の後、井田菜摘氏(千葉県船橋市立三咲小教諭)、中嶋陽平氏(NPOあかぎの森ようちえんファシリテーター)、伊藤陽祐氏(長野県池田町立池田小教諭)、柳香那子氏(群馬県館林市立第五小教諭)による研究発表が行われました。また、研究発表に引き続き、本多正直教授によるワークショップも行われました。

同研究会は、地域児童教育専攻10周年を記念して2015年に設立され、地域の教育を考える場として、今後も年1回開催される予定です。なお、研究会の様子は3月26日上毛新聞朝刊にも掲載されました。

20170325地域児童教育研究会第1回研究発表会

 

3月22日(水)、2016年度共愛学園前橋国際大学学位記授与式を行いました。
231名の学生が本学での学びを終え、巣立っていきます。
卒業生のみなさん、ご家族・保護者のみなさま、ご卒業おめでとうございます。
学生の指導にご協力いただいた地域・企業のみなさま、ありがとうございました。
本学での学びを糧に、活躍されることを祈念しています。

  

 

2017年3月7日(火)に開催されたサンデン環境みらい財団様主催の「活動報告会」に本学の学生も参加しました。

詳細は、GLOCAL PROJECT COCのページでご確認ください。
     ↓
   http://coc.kyoai.ac.jp/news/newstopics/2017/03/09/4741.html

地域児童教育研究会第1回研究発表会を3月25日(土)13時から17時40分まで本学3号館3階会議室で開催します。

本学の在学生、卒業生、県内外の教職員の皆様、子供の教育に関心のある一般の方など、どなたでも無料で参加を受け付けます。

締め切りは3月4日(土)までとなっています。

希望者はEメールで zidou10@c.kyoai.ac.jp に氏名と所属を記して申し込んでください。

メール受信後、確認のご連絡を差し上げます。

第1回大会の詳細こちら

             

          参加の皆様へのご連絡

 

ワークショップでパソコンを使った図画工作の教材づくりを行います。

ノートパソコンをお持ちの方は、ご持参ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年2月28日 本学にて明治学院大学と国内留学を可能とする単位互換協定の調印式を行いました。
本学と明治学院大学は、文部科学省の「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」において群馬県を拠点とする若者定着促進事業を展開しています。

詳細は、GLOCAL PROJECT COC のページでご確認ください。
      ↓
   http://coc.kyoai.ac.jp/news/newstopics/2017/02/28/4732.html

前橋市永明公民館と共愛学園前橋国際大学では、「古文書から郷土を知るー古文書の保存と解読ー」と題して古文書講座を開催いたします。
内容・申込方法など詳細はちらしでご確認ください。→ちらし
みなさまのご応募をお待ちしています。

<概要>
●テーマ : 古文書から郷土を知る-古文書の保存と解読ー
●日 時 : 平成29年3月24日(金)午後2~4時
●場 所 : 永明公民館(市民サービスセンター)
●対 象 : 前橋市内在住・在勤・在学の方
●定 員 : 50人(先着)
●講 師 : 野口華世先生
      (共愛学園前橋国際大学准教授・地位共生研究センター長)
●持ち物 : 筆記用具 *受講料は無料です。
●主 催 : 永明公民館(地域づくり講座)
●共 催 : 共愛学園前橋国際大学

<問合せ先>
●永明公民館(市民サービスセンター)

             

 

株式会社みまつ食品(前橋市上大島町)は、共愛学園前橋国際大学(前橋市小屋原町)の学生グループと共同開発した『小切古味~おっきりこみ~』を、インターネット(餃子工房RON および楽天店yahoo!店)と工場直売店「餃子工房RON」(前橋市野中町)にて、3月1日(水)より販売を開始させていただきます。

本商品を開発するきっかけは、授業「バーチャルカンパニー」の一環で立ち上げた仮想企業『上龍軒』(2年生2名、1年生3名のグループ)の「食されなくなってきている郷土料理おっきりこみを全国に羽ばたかせたい」という想いからでした。そこで、学生たちは群馬県の「おっきりこみプロジェクト」に協力を依頼。おっきりこみの歴史を学び、商品開発のヒントにしました。そこで考案・開発したのが、小籠包の製法を利用し、皮の中におっきりこみの具と汁を閉じ込めた、本商品『小切古味~おっきりこみ~』です。この取組みの成果を発表した『第16回ユースエンタープライズ トレードフェア』では、地域コミュニティーに貢献度が最も高かったチームに贈られる「京都経済同友会賞」を受賞しました。

【共同開発商品のこだわり】
1.「群馬県産の小麦粉」…郷土料理としてのおっきりこみを忠実に再現するために群馬県産の小麦粉を使用。群馬県の粉食文化のPRも兼ねています。
2.「具材は野菜のみ」…具材に肉を使わずにあえて野菜のみにすることで伝統的なおっきりこみの味を再現。さらに、ヘルシーさも実現させています。
3.「1つで2つの味を堪能」…味噌ベースの味にしてありますが、醤油をかけるとまた違った味わいに。味噌味と醤油味の2種類のおっきりこみの味を意識しました。
4.「パッケージデザイン」…パッケージは共愛学園前橋国際大学の校舎をイメージし、落ち着いたデザインに。商品名の字体も商品をイメージした丸みを帯びたものにしました。

【販売価格】
12個入り 1000円(税抜) 
※販路に関しては、今後、順次拡大していく予定です。

<問合せ先>
共愛学園前橋国際大学 教授 兼本 雅章 TEL:027-266-7575 FAX;027-266-7596
株式会社みまつ食品 開発部長 古澤 篤志 TEL:027-261-2534 FAX:027-263-2396

共愛学園前橋国際大学では、以下の概要で「グローカル人材フォーラム」を開催いたします。このフォーラムでは、本学が取り組んできた「地域に必要とされるグローカル(Global+Local)人材育成」の成果をお知らせするとともに、日頃これらに関わるプログラム等に取り組む学生の姿をお見せできる機会と思っています。ぜひご参加ください。

<概要>
●日時 : 2017年3月28日(火) 15:00~17:30(開場14:30)
●会場 : 共愛学園前橋国際大学 1号館1101 チャペル
●参加費: 無料
●定員 : 先着200名 ※事前にご応募頂いた方が優先になります。
●プログラム
①大学の取り組みについて
②地域志向研究報告 
・オープンデータの活用による前橋市の活性化に関する研究 
・オール前橋魅力発見プロジェクト
・学生による地域(商店街)再生の実現可能性調査研究プロジェクト 
・“地域づくり事典”つくりⅡ
・高大連携コラボゼミによる高校生のライフデザイン学習に関する研究
・「地域人材としてのキャリア教育」に向けた基礎的データの収集
・本学周辺にあたる中世石造物の研究
・ぐんま方言フェスティバルプロジェクト2016
③本学学生の取り組み紹介  
・海外研修サポートインターン  
・海外教育研修  
・ミッショングローバル研修  
・長期インターンシップ  
・Mキッズサミット

☛申込みはメールもしくはFAXにてお申込みください。
◆メール申込み:以下の情報を記入し、メールを送信してください。
 E-mail:sympo@c.kyoai.ac.jp (お申込み専用アドレス)
・件名に「フォーラム参加申し込み」とご記入ください。
・お名前(ふりがな)
・ご職業(会社員の方は会社名・所属、学生の方は学校名)
・連絡先メールアドレス

◆FAX申込み:フォーラムご案内チラシ(PDF)に必要事項を記入し、FAXを送信ください。
 FAX:027-266-7584
 ※皆さまからいただいた個人情報は、本学が主催する本フォーラム、セミナー、
  アンケート等の送付に利用させていただきます。
  利用目的の範囲内で適切に扱うものとし、法令で定められた場合を除き、
  第三者には提供いたしません。

★詳細はこちら(フォーラムご案内チラシ)をご覧ください。

*写真は昨年度のフォーラムの様子です。
 

 

前橋市永明公民館、城南公民館と共愛学園前橋国際大学では、地域の方を対象に初心者向けの『パソコンはじめて講座』を開催しました。
本講座では、本学の学生が講師を務めています。
全5回のコースを終え、参加者からは「学生さんが親切丁寧に教えてくださり少しずつ操作ができるようになりました」「講座後もPC練習をして操作の向上に努めたいです」といったお言葉をいただきました。

 

 

この度、共愛学園前橋国際大学(学校法人共愛学園)は、松本大学(学校法人松商学園)と連携して相互の交流と協力を促進し、両大学の教育研究機能の向上及び人材育成や各々の地域の活性化と課題解決に取り組み、もって互いに「地(知)の拠点」としての使命を果たすことを目的として大学間連携協定を締結いたしました。
松本大学は長野県松本市に所在し、長い間、地域連携による人材育成に取り組んできた大学として全国的に有名です。本学同様、文部科学省の「地(知)の拠点」に選定され、先駆的な取組を実践されています。また、全国の大学から学生を募り地域連携フォーラムなども開催されおり、本学の学生も何度か参加し、学生同士の交流を深めてきました。加えて、教職員同士も往来し、互いの良い取り組みを学び合ってきた仲にあります。今後は、その関係をより密にして、地域人材育成拠点として共に協力していくこととなります。また、今回は県を超えての連携となり、全国的にも珍しい大学間協定となるでしょう。

  

1 / 1112345...10...最後 »
一般の方のお問い合わせ:027-266-7575 入試に関するお問い合わせ:0120-5931-37

〒379-2192 群馬県前橋市小屋原町1154-4 TEL 027-266-7575 FAX 027-266-7576
Email mkc@c.kyoai.ac.jp